30年後に同じ場所で写真撮影してみると…

時を経て、同じ場所を訪れてみる。

長い間生きていれば、一度はそんなことをやってみた経験はあるはず。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。

それは、カリフォルニア在住のLisa Wernerも然り。彼女は、30年前に訪れたフランスとドイツを再訪し、写真を撮影したようだ。

#1
フランス・ストラスブール

「ミニスカートを履いていたから、
   足を組むことができなかったわ」

46af61e2375af94cc6d2ffdc174708a66694710a

「木が大きく成長しているのが、分かるわよね」

Fd0f09b615592b45a7aad0f9d8c24f453aab7a2d

「橋には、綺麗なお花が加わったのね」

47ff32f3b4384820f6ede8214c4927660d4167f4

「道路工事があったみたいだけど
    全く同じ場所に立ってみたわ」

448b1ba919bb4ccce05b988de7d5ed9c5667e7a2

#2
ドイツ・ハイデルベルグ

「橋の上で、30年前のシーンを再現するために
ドイツの学生に協力をお願いしたのよ」

4de17f268e080d9cf9d331a82ff72a032906434a

「このくねり道は、『蛇の道』と呼ばれていて
『哲学者の道』へとつながるのよ」

22670e7f58a76a9159c48d0464c4bd7e2df0e11a

#3
ドイツ・マインツ

「この彫刻おかげで、すぐに思い出せたわ」

D822dec3db4d3b36d5446235d68bacc561c7c126

「エルトヴィレの近くにある
ワイナリーを見学できてよかったわ」

15d4c8cf33d9133c07bc158da443a44a3a9dcaa5

#4
ドイツ・ケルン

「私、姿勢がよくなったと思わない?」

57e4ac58b9e9a9d7b5a4ad01b907b0c26608bbbd

驚くべきは、30年経ってもどの場所の景色もほとんど変わっていないこと。フランスやドイツは建物の外観を残したまま、内部に手を入れるリノベーションが盛んに行われるからだろう。次々壊されては立て直される建物が多く、10年もすれば、街の表情や印象が変わってしまう日本と比べれば、その差は歴然としている。

Lisaの写真を眺めていると、古い建物を大事にするヨーロッパの懐の深さを感じてしまう。今後は、東京オリンピックに向けてますます多くの外国人が訪れるだろう。「開発」を否定するつもりはまったくないが、その旅行者たちが数十年後に再び日本へ帰ってきた際に、懐かしいと思えるような街づくりもまた求められている気がする。

Licensed material used with permission by Lisa Werner
誰だって20代はあっという間です。「あのときこうしていれば」なんてものは無限に湧いてくるもので、いちいち後悔なんかしていたら身が持ちません。だけど、仕事に...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
忙しくてできないのか、忙しさを口実にやっていないのか…。10年後に振り返ってみたとき、仕事に追われた毎日じゃなくて、思い切って飛び込んでみたスリリングな体...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
スカイダイビングをする。バルセロナに一度は住んでみる。イルカと一緒に泳ぐ。こういった死ぬまでにしたいことを明確にすることで、人生が充実しはじめる。そう指摘...
10代の頃に思い描いた通りの順風満帆な人生を送れている人は、それほど多くはないでしょう。だからこそ、0がつく誕生日を人生の節目としたり、ターニングポイント...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
20代から30代にかけては、ひとり暮らし、就職、転勤、結婚など、人生における大きな転機がいくつもあるはずです。ここでは、もうすぐ30代がもうすぐやってくる...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...