あなたが「優しすぎる」サイン

どれだけ忙しくとも、誰かに頼られるとつい手を差し伸べてしまう。気づいたら自分の時間が確保できずため息。そんな心当たりはありませんか?

I Heart Intelligence」のライターDondi Leighさんは、自分を二の次に置いてしまう人は、時間・体力・お金を失いかねないといいます。以下5項目に該当する人は、特に要注意。

01.
人助けしても
自分は満たされない

4d1b6d4f93218190b4a4a3e782dfc39514ae75a7

周りを助ける喜びは大きい。しかし度が過ぎると不安を抱えたり鬱になってしまうことにもなりかねません。心当たりがある人は、無理をせずセラピストに相談することです。

02.
気づいたら他人の問題に
巻き込まれている

もし自分の人生はジェットコースターのようだと感じているのであれば、周囲に優しくし過ぎているからかもしれません。他の人の個人的なことに首を突っ込みすぎないようにしている人でも、いとも簡単に自分の領域を侵害されてしまうもの。他人の話に関わりすぎるということは、予想だにしない出来事に関わるということです。「優しく接する度合い」を少し下げてもいいかもしれません。

03.
多くの人に頼られすぎている

935aaebf3dbbb5d862c950544381e6cd761234bc

アドバイスを求められるのは嬉しいことですが、限度があります。ある程度の相談を受けたらそれ以上はナシ、時間を決めて携帯電話の電源を切るなど、ルールを決めてその通りにやってみてください。自分を大切にすることも重要なことです。

04.
自分に費やす時間が
まったくない

7a6e26c53809d341eacf0d2647b9f8af0a77a469

周りの人に時間を使いすぎて、自分に費やす時間がないというのはいけません。例えば1日15時間ホームレスに衣類や食事を提供したところで、リラックスする大事な時間がなくなってしまっては意味がないのです。周りに手をかし過ぎていては、結果的に自分が苦しむことになりかねません。スケジュールを見直して、削れる部分は削り、本当に大事なものだけを残しましょう。

05.
断ることはほとんどない

本当に心から人を助けたければ、まずは自分自身を労わることです。あなたが疲れていたり、悩みに押しつぶされそうになっていては、他人の面倒はみれないのです。まずは自分のお世話をしっかりするように。つまり、「NO」をもっと言うことです。

例えば電話で誰かに頼まれ事をされたら、折り返すと伝えてスケジュールを確認し、改めて連絡すると伝えます。大事なのは頼まれた内容を考え、それをやることによって自分は笑顔になれるのか、それとも更なる負担が増えるのか吟味して返答することです。断る時は「今回は予定が合わなかったけど、声をかけてくれてありがとう」と伝え、もうその事は忘れましょう。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
人は当然思いやりがある生き物ですが、日常的なストレスによってうまく人に優しくできないこともあります。そんな時のために"親切にするメリット"を紹介します。こ...
よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。ただ、ここで紹介する「いい男」は、総じて本当の優しさを合わ...
あなたのことを否定しない、優しい彼。もしかして最高のパートナー?と思っていたら、まだちょっと気が早いかも。彼の優しさは、果たして本物なのでしょうか。それを...
理想の彼氏の一つに「優しい」というポイントを挙げる女子はたくさんいます。では、実際にそんな人と付き合えたら、彼は彼女に対してどんなことをしてくれるのでしょ...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
あなたは美しい森の中にいます。太陽はキラキラと輝き、風があなたの頬を気持ちよくなでています。さて、ここから質問に入りましょう。あなたは誰かと一緒に森の中を...
私は知っている。あなたは寛容で上品な人なのだ。自分のことは後回し。たとえ知らない人でも、身近な誰かにありったけの愛情を注いでいる。最低な日にだって、笑顔で...
好きな色は何色ですか?そう、いま思い浮かべたものが、あなたの性格をうまく表している可能性があります。「Thought Catalog」のRania Nai...
当たり前のように習慣化していたことを、急にしなくなる。反対に、まったく意識していなかったことに、関心を持ち始める。これらは、あなたが「人生を変化させたい」...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
世の中にはさまざまなタイプの人がいるので、おしゃべりの人がいれば、無口な人もいるのが当たり前です。しかしながら、恋人や友人、仕事関係の人などに対して「何を...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
仕事、プライベート、人間関係など、30代は人生における大きな決断をすることが多い年代です。中でも35歳は人生のターニングポイントであり、人生戦略を見直すべ...
自分の気持ちなんて、二の次。他の人のことがとにかく気になって仕方がない。心あたりのあるあなたは、ひょっとしたら「思いやりが強すぎる」かも?そんなあなたのた...
ちょっと怒られただけでも大きなショックを受けたり、ざわざわしている場所が苦手だったり…。そんな自分のセンシティブさを気にしている人も少なくないのではないで...
家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。ここでは、世界のさまざまな「想い...