「皆勤賞」に疑問を投げかけた、とある母親の意見

三人の子どもの母親Rachelさん。彼女がFacebookに投稿した内容が、大きな話題を呼んでいます。すべては、次男に与えられた「皆勤賞」の受賞を断ったことにあり。

「休まず学校に行くこと」は、一般的には賞賛されるべきこと。しかし、その賞に対する評価のあり方を問う彼女の主張は、様々な議論を生んだのです。

拒否した理由は以下4つ。背景には、学校に行きたくても行けない長男の存在がありました。

01.
ただ運が良かっただけだから

56bd3bb9a484eec83cc21ef0f3c0d8dfa645ceb7

子どもが何かを成し遂げたとき、頑張った証を与えて褒めてあげることはもちろん大切なことだと思いますし、我が家でも行っています。

しかし「学校に毎日通えるほど健康であったこと」は、別段賞賛されるものではないとも思います。彼が事故に遭ったり、大きな病気を患ったり、障害を抱えたりすることなく毎日健やかに過ごせたのは、彼の運が良かったからです。

02.
学校を休みがちな子どもを
悪者にしてしまうから

毎日元気に学校へ行くのが賞賛されるということは、やむを得ない理由でそれができない子どもを悪にしてしまう可能性があります。

皆勤賞は、学校に行きたくても行けない、病気や障害を抱えて生活する子どもに負のレッテルを貼ることにならないでしょうか。家族の訃報で学校を休んだ子どもに「学校を休むのは悪いことだ」と言うことと同じになりかねないでしょうか。

全ての子どもを平等に扱うために、皆勤賞はひとつの障害となるかもしれません。

03.
子どもが自分自身で
成し遂げたことではないから

私は、子ども本人が自分の力で成し遂げたわけではないことは、賞賛されるべきではないと考えています。学校に毎日出席することをコントロールしていたのは母親です。

受動的に学校へ向かわされていた子どもが褒められることに、違和感を覚えます。

04.
授業以外の学校行事を
休ませていたから

次男は授業を休んだことはありませんが、学期末のレクリエーションや映画鑑賞などの行事には参加していません。また、一週間早く長期休暇に入らせています。実際のところ、皆勤というわけではないのです。

では、なぜ休ませたのか。

理由は、長男が重度の障がいを抱えていることにあります。長男は生活をする上で常に介護が必要なので、次男が早めに休暇に入り、手伝いをしてくれるのは非常に助かることです。また、普段の生活ではどうしても長男につきっきりになってしまうため、なるべく長く次男とゆっくりふれあえる時間を持ちたいと思い、このような判断を下しました。

9d4c15fcc40c03c0cd589623653d3f23311eb73f

中には、彼女の意見に疑問を投げかける人もいましたが、Rachelさんはそうやって議論が生まれたことをポジティブに捉えているようです。

「多くの人がこの件に関して声を上げてくれて嬉しいです。どのような意見も大切に受け取ります。

この記事が多方面で取り上げられたことをきっかけに、教育機関には今一度皆勤賞のあり方について考えてみてほしいと思います。障害を持つ子どもの親として、成熟した議論が展開されることを願っています」

Licensed material used with permission by Rachel Wright
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
2016年2月16日(日本時間)に発表された、第58回グラミー賞の「ベスト・オペラ・レコーディング」に、小澤征爾が指揮を担当したサイトウ・キネン・オーケス...
バクテリア、昆虫、ウシ、ヤギ、植物、星、そして銀河。この世に存在するありとあらゆるものになれるシミュレーションゲーム「Everything」。その予告編映...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
2016年1月、お母さんと月に1度の「デート」をしている男の子の写真がFacebookに投稿されました。日々お手伝いをして稼いだお小遣いで支払いを済ませよ...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenit...
第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。そのほか...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...