子どもの絵本からオトナ♡の春画へ。イラストレーターの華麗なる転身

先日にひきつづき、台湾エロスの世界を紹介。

絵本の挿絵を専門に描くイラストレーター、だった台北在住のPing Lin。ところが鳴かず飛ばずで廃業、時計メーカーへと転職。まあここまではよくある話。

それでも絵だけはあきらめきれず、働きながらコツコツ描きためていたというのが、このアニメ風の春画。

ベクトルを真逆に振り切っちゃった結果、ブレイクスルー。人生って、本当にわからないものですね。

「アブノーマル?最高じゃない」

Pigo Linさん(@pigolin)がシェアした投稿 -

Pigo Linさん(@pigolin)がシェアした投稿 -

Pigo Linさん(@pigolin)がシェアした投稿 -

「“アブノーマル”って、模範から逸脱することの象徴じゃないですか。なにがノーマルで、なにがそうではないかなんて、国から国が変わるようなもの。結局は歴史が文化をつくりあげていくんですよ。下品だって揶揄されたって別に気にもならないな」

こと性にまつわる話題については、まだまだオープンとはいかない台湾。それでもLinは、タブーの垣根を取っぱらい、人々が人生の究極的な喜びを享受できる社会であるべきと、アヴァンギャルドな春画制作に意欲的。

今では、台湾のみならず好色大人たちにに大ウケ。新作をアップすればたちどころに買い手がつく、売れっ子イラストレーターに。

野暮ったくない、エロってところがいいじゃない。

Licensed material used with permission by Pigo Lin, (Instagram)
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
電池のプラスとプラスがくっつかないように、人間も似たもの同士だとなかなかうまくいかず、反発してしまうのかもしれません。「Elite Daily」の人気ライ...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
ワクワクするようなことがあったり、ちょっと怖いものが潜んでいたり、絵本の中には様々な出会いがある。登場するモノや生き物に魅力を感じて読み進めていくのはとて...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
2015年4月29日から約2ヵ月にわたって開催された「スター・ウォーズ展」は、大盛況のうちに幕を閉じた。10年ぶりとなる新作『スター・ウォーズ/フォースの...
どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
全知全能にして未知なる「神様」。その姿は、人によって様々なイメージを抱くかもしれないし、もしかしたら「姿すらない」と語る人もいるでしょう。今回紹介する「C...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...