社会に失望したゾンビたち…。街中を練り歩いた末、思わぬ展開に。

去る7月上旬、主要20カ国の首脳らが集まりハンブルクで開催された「G20サミット」。この開催直前、各国からの要人を迎える準備が整う街に、なんと大量のゾンビが出現。市民を騒然とさせました。

ゆらゆらメトロノームのように、肩を左右に揺らしながら歩く彼ら、いったいナニモノ?

突如現れたゾンビ集団が
日常をジャックする

E9f033b0e8813f1380a2f81bebd5b1accbce7fd8

テラス席で食事をしていたら、側を無言でゾロゾロと。

858d1a33a6879b62950e0b769ee8963a36d8955f

地下鉄の駅からも続々と出現。

2158d6665d64327b81848a6070dee874bca9df8c

おっと、歩き疲れた?階段に腰かけゾンビがひと休み。

5fae27b3973ddd2148509a8ab3758ab1950b9061

集団はだんだん大きくなり、

05a0df18c7fd102355da7d2fd57a37a653e520b0

好奇の目を向ける大勢の野次馬も集まってきました。

482299742bda9f6cdffc763565a9acae48828bd6

すると、1人のゾンビが突然、着ていた服を脱ぎ捨てる。

53c140500f61719b63e8b7ccdbe233ddfff95e55

堰を切ったように、他のゾンビも後に続きます。

2a75623417bd41f9b4a58bebd414a059c0327c91

最後はまるで生命を取り戻しかのように、互いにハグし、歓びあうゾンビたち。

他人と手を取り合う事を
忘れてはいけない

そう、ゾンビ集団は「1000 GESTALTEN」というグループが事前に呼びかけていたデモ。ドイツ国内から多くの参加者が集ったそうです。

でもこれ、何のデモ?

全身を灰色の粘土で覆い、無表情のゾンビに扮した人たちは、互いを助けあう気持ちを忘れてしまった現代社会をイメージしてのもの。最後に服を脱ぎ捨てて歓ぶ姿は、そこからの「脱却」を意味しているそうです。

「権力者たちの手によって、変えてもらうのを待っていてはいけません。1人ひとりがもっと、政治的・社会的責任をきちんと認識しなければ。最後に私たちを救うのは、どれだけお金を持っているかではなく、助けを必要としている人に手を差し伸べることでしょ?

プロジェクトメンバーのSven氏はこう語りました。

メッセージの本質を広めたいと考えた時、世界中で保護主義の拡大が懸念されている今だからこそ、こうした人々が注目するような表現にたどり着いたんだそう。

物言わぬ無言のメッセージ

603554f627c287fe6109bf0d1cbe97d7e5009a81592b82471f7e585aa6db34b3fb6f4310c3962258

 

各国の首脳が集まるイベントともなると、報道で目にする写真のほとんどが、政治家や警備の様子ばかり。自分達がいつもと違うイメージをつくることで『伝えたいことがあれば、私達だって世界に向けて発信できる』というメッセージを送りたかったんです

サミットに合わせて世界中から報道陣が集まる街で行われたこのゾンビデモ。事実、多くのメディアに取り上げられ話題が話題を呼ぶ結果に。シュプレヒコールをあげるばかりがデモではない、静かに行進する姿は逆にインパクトが高かったことでしょう。

Licensed material used with permission by 1000 GESTALTEN
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
仕事がつまらない。そう感じたことのない人がいたら、きっとものすごく幸運。人間、どんなに好きな仕事でも時には思うことがあるものです。「飽きたかも」と。しかし...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
人間は、自分自身を過小評価する傾向にあるとか。けれども、それは周りからの評価とは多分に異なります。それが最愛の人からの場合は尚更。「A Plus」が実施し...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...