無意識のうちに、自分で自分の首を締めている人(10の特徴)

周りのことを考えすぎて自分の気持ちを押し殺していると、心に負担がどんどんのしかかってきてしまいます。その状況を正確に認識できている人はまだしも、真に心配なのは、無意識のうちにそうしてしまっている人。

Heidi Priebeさんが「Thought Catalog」にまとめた以下10項目に心当たりがあったら、危険信号かも。

01.
面倒見が良すぎて
自分のことは後回し

9c53ccf91270d5f862fd78ebf93b1caf32a1d111

自分の感情と向き合うくらいなら、周りの問題を解決する方がよっぽど気楽。そうしているうちに「自分の問題も解決されたんじゃないか」なんて妄想まで働き始めるけど、本当はただ避けて通っているだけです。

02.
合わないなと思った人とは
しばらく会わない

無礼な言葉に大人な対応ができないとき、どうするか。そんな時に、相手に反論するでもなく「会わない」という選択をするのは、自分の気持ちを押し殺しがちな人の特徴です。その人のことを受け入れられるようになるまで、しばらく対面しなければいい。でもそれって、あなたの感情を無視してませんか?

03.
常に予定を
パンパンに入れている

そうでもしないと、色んなことを考えてしまう。予定を詰め込んで、なんなら軽くワーカホリックにでもなってしまった方がラクという人は、ある意味自分の気持ちと向き合うことから逃げています。

04.
「平気だよ」が口癖に

「たぶん平気」、「平気な気がする…」。それは本心ですか?不安定な気持ちが拭いきれないなら、あなたは平気じゃないはず。

05.
訳もなく
いらいらしている

F0c1b707add4d6876871e6a68d54d5d1ac19913a

自分の気持ちを認めないまま無理やり前へ進もうとしても、結局はうまくいかないもの。そんな状態に苛立ちを覚えてしまうのなら、まずは自分と向き合って精神を安定させるべきです。

06.
無理してでも
ポジティブに振る舞う

友だちが「大丈夫?」と同情してくるのが何よりきらいな人は、どんなに大変なときでも、できるだけポジティブな言葉を絞り出して平気なフリを装います。でもそんなことを続けていたら、いつしか自分の本当の気持ちが分からなくなってしまうかも。

07.
いつも念入りに
計画を立てる

予期せぬハプニングを好まず、あらかじめ念入りに計画を練る人は、感情が大きく揺れ動くのを苦手とするタイプです。サプライズや感動なんて、全く求めていません。

08.
あえて自分に合わない人と
付き合っている

なぜなら自分とタイプが違う人ならば、彼らに心を開く必要だってないからです。周りに心を許さなければ、自分と向き合う必要だってない、と考えています。

09.
なんでも冗談にして
核心を突かない

心の痛みを冗談に変えてしまったら、これっぽっちも傷つかない?

10.
鋼のハートを
持ってるフリをする

Bbe220a1014b7f657350199654ec7b9ef8e4eb22

この世に「感情を一切感じない人」なんていないはず。だから強がっている人ほど、感情を押し殺している可能性が高いです。

Licensed material used with permission by Thought Catalog
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
上から目線の物言いで他人を不快にさせる人。いつも他人を小馬鹿にした態度を取っている人…。人をバカにする人はいったいどんな心理で他人を見ているのでしょうか。...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
脳の90%は無意識、潜在意識という、自分自身で気づいていないものを司っています。感情や思考など、自分で気づける「意識」を司る部分は、脳のたった1割の部分で...
つい、イライラして周りの人を巻き込んでしまったり、自分だけが嫌な目にあわされていると思い込んだり…。ダメだと思いながらも、自分の感情に振り回されてしまう人...
あなたの身の回りにも一人や二人は存在している、自分勝手な人。付き合いが浅いうちは気付かなくても、少しずつ自分勝手な人に振り回される回数が増えて困っている人...
「今日こそアレに取りかかろう」「コレは絶対終わらせよう」。そうやって意気込んでみたはいいものの、思うようにはかどらない日がある。やる気はあるからこそ、どう...
自分のことしか考えない人というのが社会には確かに存在しています。不思議なほど自己中心的に考える人がいますが、そのような人の思考は一体どうなっているのでしょ...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
「精神的に強い人」と、ただ「強いフリをしているだけの人」とでは、そもそも考え方に決定的な差があると豪語する、作家のAmy Morinさん。彼女の考察が面白...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
世の中にはさまざまなタイプの人がいるので、おしゃべりの人がいれば、無口な人もいるのが当たり前です。しかしながら、恋人や友人、仕事関係の人などに対して「何を...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
優柔不断であることは、もともとその人が持っている性格的な部分と、思考や行動パターンの両方が関係しています。優柔不断な人にありがちな特徴とその背景となる心理...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...