この夏、列車「を」旅しよう

思えば、JR八戸線のレストラン列車「TOHOKU EMOTION」もそうだし、カンヌライオンズ2015で金賞をとった「行くぜ、東北。」のプロモーションを見ていても思う。鉄道に乗ることはもはや、ただの交通手段ではない。それが旅のメイン、あるいは行程の一部として十分な魅力を発揮している時代だ。

観光列車、という旅の選択

今は全国各地、さまざまなタイプの観光列車が走っている。アートがテーマの列車、スイーツを堪能できる列車、とにかくラグジュアリーな列車など多種多様だが、私はまず、京都丹後鉄道をおすすめしたいと思う。なぜなら、観光列車の基本も醍醐味もすべて詰め込まれているし、いろんな旅行客のニーズに応えてくれるからだ。

観光列車の基本は
「デザイン」

内容もさることながら、まず注目すべきは車両デザインだと思う。普段乗っている電車とは全然違う、一歩足を踏み入れた時の「うわぁ!」という、あの感じ。

京都丹後鉄道の観光列車をデザインしているのは、新幹線「つばめ」特急「かもめ」、そして、日本初のクルーズトレインななつ星 in 九州などのデザインで知られる水戸岡鋭治

車内は、日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマにデザインされていて、明るい天然木と丹後の素材がふんだんに使われている。このきちんと作り込まれている感。観光列車には欠かせない感動だ。

26e77db4168fb7e84a88d8f60a8d9d2c73e9738d

観光列車の醍醐味は
「食」

Ae22909256af329db34a4a308a69a161f15f6e61

やはりこれ、と思う人も多いだろう。

京都丹後鉄道の観光列車は、3パターンに分かれている。そのうちのひとつ、レストラン列車「丹後くろまつ号」は、歴史と食を楽しめる列車だ。

宮津の料亭「ふみや」が手掛ける「ランチコース~雅(みやび)~」では明智光秀の三女、細川ガラシャが食べていた料理を現代風にアレンジした「細川御膳」が出てくる。食器も細川家の家紋を入れたものを使っていて、その抜かりなさが素晴らしいと思う。

F66a38387e0d8cf658871bb0b37deb0905a43350

天橋立宮津ロイヤルホテルの日本料理レストラン「松橋」が手掛ける「ランチコース~楽~」では、丹後産赤米などを使った本格ホテルランチ食べることができる。また、観光スポット「豪商稲葉本家」に立ち寄り、名物のぼたもちのお土産も。

Bd2b335354602670452d2466267880ebbb707e64

おいしいだけじゃなく、そこに現地の歴史や風土が織り込まれている。それが観光列車の食の魅力だ。

コースやメニューは季節によって変わる場合もあるので、まずはホームページで確認を。

そして(個人的に)
何より素晴らしいのは

私が京都丹後鉄道で押したいポイントは、実はここだ。

旅のスタイルは多様化してきている、という所感を最初に書いた。京都丹後鉄道は、さまざまな観光客を受け入れてくれる、という点で、私はより多くの人に勧めたいと思う。

観光列車といえば、豪華な車両に豪華な食事、というイメージもあるだろう。それが前述の「丹後くろまつ号」だが、京都丹後鉄道には、自由席で利用できる「丹後あかまつ号」、通常運賃&予約なしで乗れる「丹後あおまつ号」という選択もある。車両デザインはどれも水戸岡鋭治によるものだし、景色を見やすいように席が配置されていたりとおもしろいから、お得だからといって感動の度合いが下がるようなことはない。

4615d43743e74f6745af56aa5a49ff3b4b30cf69

ゆったりと列車に揺られながらビューポイントを巡りたい人、すでに「丹後くろまつ号」に乗ったことがあって今度はカジュアルに丹後を楽しみたい人、そしてふらりと立ち寄った人にも、丹後の魅力をたっぷり伝えてくれる。それが京都丹後鉄道の観光列車だ。すべての旅人に選択肢があるということは、重要なポイントだと私は思う。

D1ceb6e286ad25967cb04e459df0d0c453ee10f7

価値の多様化は、私たちの旅の目的も変えた。この夏、これまでとひと味違った旅を求めているなら、これはひとつの手かもしれない。

Licensed material used with permission by WILLER TRAINS株式会社(京都丹後鉄道)
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
スロベニア・ボヒニ鉄道開通110周年を記念して行われたエキシビジョンの模様がこちら。「ヨーロッパ随一の美しさ」との呼び声高い高山鉄道に、この日特別に用意さ...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
チューブ型列車システム「Hyperloop Alpha」は、テスラモーターズのイーロン・マスクが考案し、2013年にオープンソースとして発表した新しい長距...
電車よりも安い運賃で、音速で移動できると言われているチューブ型列車システム「Hyperloop」の新しい動画が公開されました。知っている人も多いかもしれま...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...