0144:大人がハマる「スクイーズ」。

ぷにゅぷにゅ、フワフワした素材で出来たオモチャ、スクイーズ。日本のみならず、タイや台湾など海外でも子どもたちに人気で、プレミアがついている商品もあるほど。原宿あたりの専門店では連日行列ができています。

そんなスクイーズの名を冠したペンケースが、この「Squeeze Case」です。

メディアクリエイター、ハイロックさんが「今流行りのPloom TECHを入れるのに丁度いい」と紹介しているのをみて購入。エナジースティックとペンを入れるのに使ってます。

このケース、持ってて便利とかじゃなくて、とにかく楽しいです。

もともとスクイーズというのは、“押しつぶす”といった意味。このペンケースもラバー素材で、ギュッと握って押しつぶすことで口が開くようになっていて、おもちゃ的な楽しさがあります。用がない時でも握っちゃう。

海外製品を思わせるポップな単色使いも、あえて大人が持つことで映えます。

こういう感覚的なアイテムもいいですね。

Ebb846263438f8071d5640eb5f64396944a8383a25dfd3817560d03d8e1690a84064d8983eadeafe

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everb...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
地方でも海外でも、仕事で移動する時は必ず〈Google〉 マップを使ってます。便利ですよね。不満はまったくありません。でも、プライベートでは断然こっち。イ...
湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをし...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
いろんな「iPhone」ケースが発売されていますが、僕はことスマホ周辺のアイテムに関してはファッション的な部分には興味がなく、機能だけでみています。そんな...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
いろんな人がモバイル(携帯)しているモノを紹介するプロジェクト『ビー』によるショーツ特集です。10日間連続で1枚ずつショーツをピックアップしていきます。8...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
魔法少女アニメのなかで、『魔法の天使 クリィミーマミ』がいちばん好きなんです。ボーイッシュでおてんばな女の子が、魔法を使って可愛いアイドルになる物語で、子...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
キーホルダーって案外悩みますよね。機能的にはシンプルだから見た目勝負になる。だけど、そのベクトルは高級感一辺倒の気がするんです。素材でいうと、レザーとかメ...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...