「空中にラクガキ」をして、夜の街をピカピカに!

ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作しています。

子どもが無邪気にラクガキをするように、夜の街が色づいていく。今回は、遊び心いっぱいの「PiKAPiKA」プロジェクトを紹介します!

夜を賑わす「光の軌跡」

A5fc386026dc6e4c1727d72582b0eadd93b473883790d6c38d318b74aec07872cbfb92f69717f42c9647eca8822e71410bb43a257d1986242c510012

生きているように空中を舞う、仲間と一緒にお祭り騒ぎをしているみたいな躍動感あふれる光たち。動画を撮影した後にコンピューターで映像加工をしているのではありません。

デジタルカメラのシャッタースピードを遅くした状態で「光の軌跡」を撮影します。パラパラ漫画のように何枚も繋げてできたコマ撮りアニメーションをイメージすればOK。簡単そうに見えますが、下絵が描けないぶん、頭の中のイメージをそのまま宙に表現しなければなりません。これによって、偶然から生まれる個性的な絵が誕生しているんですね。

アーティストたちが描くのではなく、プロジェクトの参加者たちが描く。ゆえに、"ヘタウマなイラスト”が出来あがるのが、PiKA PiKAのおもしろいところ。

「個人の自己表現に止まらず、複数の人間が共有できる場になるようなアニメーションを生み出す」

これが、TOCHKAの仕事をする上でのモットーなんです。

光により繋がっていく

もともとTOCHKAは、クラブで映像演出をするVJや、ステージでのライブパフォーマンスをメインに活動していました。

彼らがクラブで活動していた2003年頃、アメリカをはじめとした世界中のストリートアーティストたちが来日しており、訪れた外国人が壁や電信柱など街中にグラフィティを残すことが頻繁にあったそう。夜の街に溢れた違法なラクガキに触発されたことが、今の二人に大きく影響しているのです。

それに加え、当時はデジタルカメラの性能が向上し、大衆向けのデジカメが広く普及した時代。アマチュア向けのカメラでも長時間露光撮影機能がつき、光源の軌跡まで撮影できるようになっていました。

これを活かして、ライトペインティングした時は、「まるで光が物質化したかのような驚きがあった」と、TOCHKAは言います。

すっかり光のイリュージョンの虜になった彼らは、クラブ仲間やクリエイティブ関係者を集めて“光のグラフィティ”を始めたのです。

コミュニケーションの場となったこの遊びを「PiKAPiKA」と名付けた後に、日本だけではなく海外でも制作するようになり、ネットで短い動画を配信するまでに。それを一本にまとめたのが上の映像です。

街中に楽しいグラフィティを

03172a7ee8ffd2b6885cd0b2a877abe5f53d0c97B4f55e882bf99e0bd7da62b2017652081603b5213db933a338e12468bbf60d36c4994dd5ec97674eA63e33f4c99817bf135bd64a104183eda73438028906388d21e6f72f695a79b76aca4e0867b233503089cc366b4ce0be2e09b22cd15b0aa799f7af8c25e3443559b0e42b1afc83b01acec0448ec5310071be88230d6656a86a5bdbbb0eb939e0ce120305

ストリートアーティストのように、心ゆくまでグラフィティを楽しめるんだから、一度でいいからやってみたい!現在開催中の展覧会では、ライトペインティング体験のできる作品展示を行なっているそうです。以下の情報をチェック。

【展覧会情報】
■展覧会名:カミナリとアート 光/電気/神さま 
■会期:2017年7月15日(土)〜9月3日(日)
■時間:9:30~17:00(最終入場時間 16:30)
■休館日:月曜日(ただし、8月14日は開館)
■会場:群馬県立館林美術館
■観覧料:一般 610円、大高生 300円、中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

Licensed material used with permission by (C)TOCHKA
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
アーティストvexx_artことVince Okermanは、大学で経済を学ぶごく普通の18歳。高校時代、勉強の合間に描いた何気ない“ラクガキ”が、友人た...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそ...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
友達を呼ぶホームパーティでの飾り付けや、自分へのご褒美としてちょっとエレガントに過ごしたい時。Kickstarterで紹介されている、たまご型のポータブル...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
モネやフェルメールの作品が、見る側に自然な輝きを感じさせるのは、色を細かく重ねることで「光の表情」を巧みに捉える描写ゆえ。彼らは光の画家と称されてきたわけ...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
『Paperworks(See/Sea)』Artist:Maija Savolainenこの作品、じつは折り目を付けた白いA4紙です。太陽光が紙に反射して...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...