寝静まった夜にひっそり描く、サンタみたいな看護師さん

これは、テキサス州にある「こども病院」でのお話。子どもたちが少しでもハッピーになるようにと、一人の看護師が特技を生かして“プレゼント”をつくっています。それもホワイトボードとペンのみで。

お金をかけず、子どもたちを笑顔に変える姿にグッときちゃいました。

少しでも子どもたちを
元気づけたい

2a99d873ff77f967bb61d39f928883e671a13ef5

Cook Children’s Medical Center」で看護師として働くEdgar Palomoさんは、空き時間をみつけては、こうしてホワイトボードに絵を描いているそうです。使われていないボードがそのまま放置されている。そこに物足りなさを感じたのだとか。

どんな絵を描くかは、子どもたちや彼らをお見舞いにくる家族からのリクエスト。けれど、子どもたちはEdgarさんの存在をほとんど知らないんだそう。というのも彼は夜勤勤務が多いから。

きっと、子どもたちにとってはサンタさんのような存在でしょうね。ときどき紙に描いて枕元にそっと置いていくこともあるというのだから。朝目を覚ました子どもたちがよろこぶ姿が目に浮かびますね。

76e719932762ebdc5f88d4d869219fe49c699593Fe4ba003e7c558b4b82927ae7d6841141b442e4e3dc1e33f96bdfc8e8852af6bc128ecf90e8586e07c20edf921e9f3147f048308c8c1047729f2d729E379f0332dd7b03ed7f1bf7c8f426ee5db014747C4da03c0bf486fd2d4ec953904b8af6f9702e8b1

寄せられる愛のメッセージ
「あなたに出会えて良かった」

やがて、Edgarさんの力作は病院のFacebookに投稿されるように。するとどうでしょう、これまで彼の絵に助けられてきたという多くの人たちから、お礼のメッセージが送られてきたそうです。

「彼が大好き。彼を知らない人たちにも、どれほど才能がある人か知ってもらえたことが嬉しい!やさしい心を持った素晴らしい看護師と出会えて本当に良かった」

「スター・ウォーズのキャラクターの絵を添えた誕生日メッセージを、息子の誕生日の朝、目覚める前にドアに貼ってくれてありがとう。今でも自宅に飾っているよ」

患者さんを少しでも元気にしたくて開始したアイデアは、今やスタッフ含めたすべての人たちをハッピーにしている模様です。Edgarさんの子どもたちへの優しさがじわじわ伝わってきて、心がほっこりしませんか?

7fede0d5b0049c2cab53cebb04f80325867034f0

くだんのEdgarさん。子どもたちの秘密でいてほしいから、もちろんうしろ姿だけ。

Licensed material used with permission by Cook Children’s Medical Center
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
ものすごく大変だと聞く出産ですが、同時に3人だったら母子ともにかなりの負担がかかるはず。だけど、尊い3つの命が無事に誕生した時は、とても誇らしく、何よりも...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
この部屋で圧倒的な存在感を示しているのは、2階から伸びている灰色の大きなすべり台。ここ、モデルルームなどではなく、実際に個人の住居なんですよ。設計はウクラ...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
つい先日、某有名観光地の旅館で仲居さんを6年やっていたという20代後半の女の子と話す機会があった。その子は、今でもお客さんからもらったお礼の手紙や、感謝の...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...