日本の文化に影響を受けた「昼寝のための施設」がマドリードに

スペインでは、ランチを食べ終えた13時ごろからがシエスタ。この時間帯になると、すべての人が昼寝をしている、なんて考えがちだけれど、少なくともこと現代社会においてはそうではない。誰もが、勤め先から一時帰宅できるような距離に住んでいるわけではないのだ。 

このたびマドリードに誕生した施設は、そんな「寝たくても寝れない人たち」のシエスタをサポートする場。実は、日本のある文化に影響を受けているのだそう。

「カプセルホテル」に
インスパイアされた休憩所

000f2e5564e1c8a72845f8028a1d4ae3cddf73c98c4de3654bb4b77a7b7b31f099ac1e6201b61b98

観光で東京を訪れたMaria Estrella Jorro de Inzaさんは、カプセルホテルに泊まったことが、このSiesta&Goを始めるきっかけになったと言う。予約不要で、手軽に、数時間だけ仮眠をとることができる。そうやって仕事の疲れを癒せる場を、なんとかビジネス街に作りたかったのだとか。

93c03e5566763f9cc6f454980a2bdba7780b047779599512722932eb3f7e7a9e927968be3985166e

部屋のタイプは個室かドミトリーから選択可能。値段は分単位で計算され、たとえば2段ベッドの上だと1時間あたり3ユーロ(約400円)と格安。

F122e864277981afbc890eac3a1ed4b5d47e1e90D21de53f7c283700cc8e985dcba9cc0bdfe17f1d

昼寝のための利用だけでなく、集中して勉強や仕事に取り組める部屋も。

現地では多くのポジティブな反響があり、午後7時までの営業時間を深夜まで伸ばしてほしい、なんて声もあるらしい。時間的にはもはやシエスタは関係なさそうだが、この施設がMariaさんの期待通り、ビジネスマンの癒しの場になっていることは間違いないだろう。

Licensed material used with permission by Siesta & Go(HP), (Facebook), (Instagram)
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
最近、マドリードの街中に登場した、不思議な“ホットスポット”を紹介しましょう。ここは、あることをするために人々が訪れる場所。では、その“あること”とは?写...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
目の前に広がるのは、白いドーム状の建物が密集した、なんともノスタルジックな空間。一見するとヨーロッパのどこかに思えますが、実はコレ、日本の風景って信じられ...
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...