旅の思い出は、この「特別な義足」とともに。

人が旅に惹かれてしまうのは、まだ見ぬ世界のことを、もっと知りたいと思うからではないでしょうか。Devon Gallagherさんの心の中にも、いつからかそうした気持ちが芽生えていたのでしょう。大学卒業後、彼女は「義足でヨーロッパを周る」という挑戦を始めたのです。

彼女にしかできない
新しい「記録写真」

そもそもこのGallagherさん、生まれながらにして骨系統疾患を患っていました。何度か手術をしたものの失敗に終わってしまい、4歳の時に切断を決意。義足生活を余儀なくされることに。

98575bb1c8fa8ef72d3acb8589cbeda65df359a1

義足でヨーロッパを旅する。その道のりがハードであることは想像に難くありません。が、当の本人はいたってポジティブにこのチャレンジに挑んでいます。

「幼い頃から義足で生活をすることで、学んだことがたくさんあります。私の足を見て誤解する人が多いけれど、幸せに生きているんですよ」

093601cbbb4b9bc54caa23341dec0e5759fe2f96

彼女の義足には訪れた街の名前が。これは特殊な塗料でコーティングし、まるで黒板のように書き消しを可能にしたオリジナル義足カバーだからこそ。「旅先で寂しくなっても、黒板を彩ったり、地名を書いて撮影することで、ポジティブになれるように!」と友人が提案してくれたアイデアなんだとか。

Dd090b0dbcfc7e0d1c437979ba8011e1f489d041Daea0a6d157b849902e7a58d5ea865b1e49d58d296933ab37a572d3ff93a9cccc979c91cb427508cAccc96a063b1e048b89ff76ce95c080096e47eb79a8575a694f7e4ac67a88f805a7994276b423a3d77fd0ac3bd0bb98d543644faf7204664d702b059614a560af2453b37feac03a48738d5dae058bbaeB730f51f9572650fc2ac2c36387252900f34908e

欧州旅行を楽しむGallagherさんのInstagramには、「イケてるね!」「カワイイ!」と多くの反響があるみたい。

満面の笑みとちょっとポップな義足、何より彼女自身の明るさによって、これからも旅先で人気者になるんじゃないかなあ。

Licensed material used with permission by Devon Gallagher
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
ある日、横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていたGuido Gutierrez Ruizさんは、足元にある水たまりに目を留めました。するとそこには、空の雲が映...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...