どれだけ心が折れそうでも、笑顔で前を向き続ける親子

ママとおそろいの服を着て一緒に写真を撮る3歳のFinleyちゃん。外出時のTシャツ短パンスタイルや泳ぎにいく時の水着・サングラススタイルを、毎日のようにInstagramで公開。およそ2年でフォロワーは9万人に達する勢いです。

けれど、こうした親子のツーショットは珍しいものでもない。それなのになぜ、これほどまでフォロワー数が拡大していったのでしょう?

カメラの前では笑顔。でも…

笑顔の裏には多くの苦悩が

もうお気づきかと思いますが、Finleyちゃんは歩行器の助けを借りて歩いており、お母さんと一緒に歩く練習をしています。地に足ついて進むことが喜びだと教えてくれる笑顔の裏には、これまでにたくさんの苦悩がありました。

数年前、お母さんのChristinaさんは「将来妊娠する可能性が非常に低い」ことを医者から告げられます。そして養子として迎え入れると決めたのが、Finleyちゃんでした。ただ、彼女は生まれてすぐに脳出血を起こし脳性まひに。その影響で歩行が困難になってしまったのです。

それでも親子は前向きに生きています。写真は苦悩など想像もできないほどキラキラした笑顔ばかり。Christinaさんは娘の存在をこのように語ってくれました。

「娘は、私や夫が『最高の親』になれるように背中を押してくれる存在。彼女はこれ以上ない喜びで私たちを満たしてくれています」

「同じような人たちと
一緒に乗り越えたい」

ChristinaさんはFinleyちゃんとの取り組みを「Fifi + Mo」と名付け、2年前から続けています。目的は寄付金を募ること。少しでも歩けるようになるためには、15歳まで何度も手術を受ける必要があるのです。

始めてから何か変化を感じているかどうか、Christinaさんに聞いてみました。するとこんな答えが。

「日々生きていく中で、小さなことにも幸せを感じられるようになりました。取り組みを通して、自分たちが周りの人の力になることもできるのだとわかりました。これはとても意義深いことなのです」

写真では楽しそうな表情をしていても、時々涙を流す日もあるでしょう。前向きに生きている彼女たちの姿を見ると、くよくよ下を向いてはいられないですよね。

Licensed material used with permission by fifiandmo
雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えてい...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
「親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?」これから紹介するのは、そんなメッセージから始まる、とあるドキュメント映像。親子に同じ質問をしてみた...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
おなじ笑いでも、英語で言うところの「Smile」と「Laugh」ではまったく意味が違う。声を出すか出さないか以前に、“Smile”にはどこか作為的というか...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
タイムマシンがあって、子どもの頃の自分にアドバイスができるとしたら、あなたはどんなことを伝えたいですか?恋愛や人間関係のアドバイス、大人になったからこそ気...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...