豊島の「檸檬ホテル」が、この夏、あなたを呼んでいます

私は体験型のアートが好きだ。かつては瀬戸内国際芸術祭でこえび隊(ボランティアサポーターの総称)をやったこともある。だけど、いつもどこか物足りなかった。それは、自分はやっぱり「鑑賞者」側で、「作品」側には立てない、と思っていたからだ。

だから「檸檬ホテル」で夏限定のインターンを募集しているという話を聞いた時、ああ、羨ましいなあ、と思わずにはいられなかった。

ひと夏の「檸檬」体験

A9f5b3e6aaf511a36d548e0555d2b7a4301b1fda

「檸檬ホテル」は、豊島・唐櫃岡にある体験型のアート作品兼宿泊施設だ。「瀬戸内国際芸術祭 2016」で発表された作品だが、会期が終わった今でも楽しむことができる。建物の中には、豊島産のレモンの枝葉で染めた布が使われており、レモン色の空間でアートを体験できる。

Da2ad0e1d8d90dc117e3a4b6629a1ce519473f87

「鑑賞者」としても充分に楽しめるのは、わかっている。だけど私が憧れていたのは、作品の手入れをしたり、作品と鑑賞者とつなぐ手伝いをしたりしながら、「作品」側に立ってみるということだった。そんな時間の中で、その作品にどんなふうに朝日が差すのか、夕暮れの中でどんな表情をするのか、みんなが家に帰ってひとりぼっちになるとやっぱり寂しいのかな、なんて思いながら、「鑑賞者」が知らない一面を見てみたいと思っていた。

もしあなたが
「作品」側に立ちたい人なら

社会人となった私にはもう「作品」側に立つ機会はそう訪れないだろう。インターン募集の応募ボタンをクリックできない自分が歯がゆいけれど、その分、この思いを誰かに託してみたくて、私は今この記事を書いている。

E4ce33fe562615c41b6ed3690801bc47e8935ca6

募集期間は2017年7月24日(月)まで。インターンなので報酬はないけれど、宿泊費はまかなってもらえる。詳細・応募はこちらから。

Licensed material used with permission by 檸檬ホテル
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
近年、「瀬戸内国際芸術祭」が世界から注目を浴びている。そのメイン開催地である直島に建つのは「地中美術館」や「ベネッセハウス」「ANDO MUSEUM」など...
高校を卒業するまでの18年間を瀬戸内地方で過ごした僕は、この頃かなり困惑している。だって、当該エリアの近年の脚光の浴び方は、ハッキリ言って異様。一歩引いた...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。宛先は、いつかのどこかの誰かこちらは...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...