工事期間1日!?ミレニアム世代のためのプレハブ住宅

いま、イギリスに暮らす人々の悩みのひとつが高騰する家賃。最も顕著なロンドン中心部では、1ベッドルームでおよそ1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場だとか。そのなかで、新しい都市生活のあり方として注目されているのがプレハブ住宅だ。

急成長するモジュールハウス

38c15f5dafa2cbf22150eb3fb605bb2d5a071d92

「LaunchPod」と呼ばれるこの住宅、部屋の広さは26㎡というから、日本で言うところのワンルームや1Kに等しい。英国人からすればだいぶコンパクトだろう、それでも洗練されたデザインと機能的な間取りで人気を博しているようだ。

特筆すべきは、プレハブゆえの工期の短さ。なんと、1日あればこの家が建ってしまうらしい。事前に工場で組み立てるモジュール型住宅がそれを可能にしている。現場での手間を省き、天候による影響も最小限、ロンドンの建築事情において、急成長する訳もわかる。

コンパクトだけど
狭さを感じさせない

D6db91adef534dfde352d27ad81698675cc3c790

キッチンと一体化したリビングルームや、部屋続きのバスルームといった、日本人にからすれば見慣れた間取りが逆に新鮮に映る。建築会社Wimshurst Pelleritiの狙いは、コンパクトでありながらも狭さを感じさせない空間づくりにあったようだ。

9711a3d835a6ad6efce2af6c3d68c67317ba668970d812ad912d06327fa13ecd7d5b78162d6a481bC135257795d520ece6f1a596f17ff4099b380881

僕のお気に入りは意外に広いバルコニー。この空間でビールを飲みながら読書したり、食事をしたりと様々なシーンを想像してしまう。ちょうどいいサイズ感。友人たちが集まっても充分な広さがうれしい。

年間の電気代は約1,450円!

もちろん環境への配慮も忘れていない。太陽光発電を取り入れ、プレハブ住宅でありながら床暖房も標準装備だそう。それでいて驚かされるのが、住宅全体でも年間の電気代が日本円にして約1,450円程度で済むという事実。

リーズナブルな家賃

29a9da1fe9793bb5d6ab6faedf7f439255f9e29d

ところで肝心の家賃を最後に。

月額600ポンド(約8.7万円)〜700ポンド(約10.1万円)に設定されているとのこと。現在は、ロンドン南西リッチモンドの高級住宅街エリアで展開中。前述の家賃相場と比較してもかなりリーズナブル。

経済的なだけでなく、デザイン性、機能性の面から見ても、タイニーハウスやトレーラーを改造した家で暮らす、モノを必要以上に持たないミレニアム世代からのニーズがありそうだ。

Licensed material used with permission by WIMSHURST PELLERITI
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
日本でも、地方をドライブしていると“かつてはガソリンスタンドだった”ような場所をよく見かけます。でも、ここは地方ではなくロンドン。ホワイト・シティ地区にあ...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...
“杭を打ち込む”。これは工事現場ではよくある光景。大抵一人でやるものですが、ここで紹介するのはちょっと違います。キン・カ・キン・キン息の合った絶妙なチーム...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...