朝、キモチよく目覚めるためのアイマスク

光を遮断して眠りにつくためのアイテム、それがアイマスクに対する一般的なイメージ。ところが、ここに紹介する「illumy」は、キモチよく目覚めるために開発されたもの。この逆転の発想、誰が必要とするのか?

答えは、国際宇宙ステーションで働く宇宙飛行士たち。地上にいては分からない、彼らならではのニーズがあった。

「日没」を再現した赤の光が
深い眠りを誘う

見たところ、いわゆるアイマスクと変わりはなさそうだが、ここにNASAによるテクノロジーが搭載されている。日没の太陽光を再現することで、睡眠の質を上げ、翌朝ストレスなく目覚める仕組みがこちら。

45a6e2a46a32bc6814e233684d935365a434d508863913d8c830f5453a7b445786c16ed6d2cacda0

illumyには、宇宙飛行士の体内時計の調整に使われた技術が搭載されているらしい。装着すると、本体から「日没」をシュミレートした赤い光がまぶたに照射される。その光が徐々に暗くなることで、副交感神経が刺激され、リラックスした状態で活動が顕著になるデルタ波を呼び出す。その結果、自然と深い眠りにつけるんだそう。

「日の出」を再現した青の光で
快適な目覚めを手に入れる

C6037a4a2451123ff3ec005fe38bcfe340a7925b13b550b543e7ecdfe5adfe8db6af1fa94d9c59eb

一方、起床時は「日の出」を模した青い光が徐々に明るくなる。これにより、エネルギーレベルが高まり活動的になるベータ波へと移行。なんでも、朝の太陽を浴びて起きる時のような、ストレスのない目覚めを手に入れられるというのだが。

専用アプリで
簡単にセッテイング

6c31bc86ad1dd5e7bd7790a74b90eecf7d45dc33

「illumy」は、iOSとAndoroid共に対応した専用アプリで、目覚めたい時間を簡単にセッティングすることができる。また、光りはじめる時刻、アラーム音の有無、バーチャルな「日没」と「日の出」の明るさなどの調整も可能となっている。また、スマートフォンユーザーでない場合は、PCでも対応しているので安心してほしい。

こうした昼夜の区別がつかなくなるのも、宇宙飛行士ならではの問題。が、地上にいても同じように睡眠のトラブルを抱える人だって少なくない。illumyが市販化された理由はそこにあるのだろう。

さて、iOSとAndoroid共に対応した専用アプリで、目覚めたい時間を簡単にセッティングすることができるこのアイマスク。照射される時刻や、アラーム音の有無、バーチャルな「日没」と「日の出」の明るさなども細かく調整可能だ。ちなみにスマホユーザーでなくても、PC対応しているから安心。

フライト中でも
滞在先のホテルでも

38fb5189aa6f3a4a5fdbf119a0283ed1ef0c7d2a

海外の旅を有意義なものにするか否かは、睡眠にあるといってもいい。ぐっすりと眠り、リフレッシュした状態で目覚めるのは、旅を楽しむうえでの大前提。その天敵が「時差」や「環境の変化」。寝つきが悪くなることは避けられない。もしかしたら、illumyが頼りになるかもしれない。

53ceb809af954d093b6d13f921ec54f0cc3d529d

同梱のトラベルケースに入れて持ち運べ、2時間の充電で、最大2週間(!)利用できるそうだから、フライト中でも、滞在先のホテルでも、存分に活躍が期待できる。これで149.99ドル(約16,600円)は、アイマスクとしては確かに高い。それでも、質の高い睡眠はプライスレス、動画のチェックも忘れずに。

Licensed material used with permission by illumy
いびきが原因の夫婦喧嘩が勃発する前に「魔法のアイマスク」を試してみてはいかがでしょうか。「いびき」なのに、“アイ”マスクというのもおかしな話ですが、なかな...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
東京から岡山に移住して1年半。 吉備中央町をベースに、月1~2回は長距離バスで東京へ……というワークスタイルです。当初は「移動時にこれがあったら便利かもし...
満足するアイマスクを探すのってなかなか難しい。こだわりだしたらきりがないのはわかっているけど、ちゃんと選ばないとサイズが合わなかったり、ゴムが緩んで寝返り...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
2015年8月11日、NASAの公式ホームページに発表されたのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏が8月10日に撮影し、ハッシュタグ「#GoodMorning...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
2016年5月30日。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、対目標金額500%の大型資金調達に成功したトラベルジャケットがあります。な...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...