パニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」

以前訪れたことのある特定の場所で、不安や恐怖を感じてしまうパニック障害「広場恐怖」。この症状に悩まされている人たちにとっては、「旅」に出ることはかなりハードルが高いという。

そこで、Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自らを称するJacqui Kennyさんは、自宅にいながら世界一周する方法を思いついた。彼女のアイデアには多くの反響があり、様々なメディアが取り上げるなどした結果、35,000以上のフォロワーを抱える人気Instagramアカウントに。

ストリートビューを使った
「世界一周の旅」

96f2001b3077f57471bf83d358b5fbd1e0932335

アラブ首長国連邦・シャールジャ

2a208fe6df71c4cef854adf90ae2efb018ccfdbb

モンゴル・ウランバートル

0d2ad851ae7b33817579bbc6a889372cd6f5ed81

ペルー・アレキパ

94d33c28c801327e28b219bd630aeee611b92047

モンゴル・バガノール

B5b3b70cc7bf640b460a5d290674b99b44baa1fc

ペルー・アタカマ

Cab513cdd49ce780b72ab6a1108f78e3fb3e4701

ベルギー・フランデレン

0d55ed1b92db815b443fa784a38e8bba2b52c621

セネガル・サン=ルイ

E3ed29361b7b73beb0235b6f0e7e8a1b65c84a0d

メキシコ・シウダーフアレス

D444e6c35f6fbbc8093fdda0a74a3637bedf4ac4

キルギス・ナルン

73f8e42924705a3c18401a613d7f3babf60d0f8b

ペルー・タクナ

80e8f5c5114ef72073b41d4479731031afe242da

チュニジア・メドニン

旅をしているときは
ストレスを忘れることができる

もともと広場恐怖症を抱えていたJacquiさん。そこに、経営していた会社をたたまなければいけなくなったことが重なり、かなりのストレスに襲われたという。だから、自分のネガティブな感情を忘れられることを探し求めていた──。

そこで、Googleストリートビューを見ていたときに、行ったことのない土地を知る感覚に惹かれ、その景色をスクリーンショットするプロジェクトを始めたのだ。「今までに『旅』をした場所で一番好きな国はどこ?」という質問に、彼女はこう答えてくれた。

私は、ほぼ全ての国を旅しました。おそらく行った都市は1,000以上ですね。そのなかでもお気に入りは、モンゴル、セネガル、ペルー、チリの4カ国かな。明かりの入り方や街の色がとても綺麗なの

Photos by Jacqui Kenny/Google

Licensed material used with permission by Jacqui Kenny
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ナショナル・ジオグラフィック、ロンリープラネット、BBCなどをクライアントとするフォトグラファーPascal Mannaerts。もう10年以上にわたって...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...