「家具選び」が、うまい人になりたい。

家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物。

その著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)では、彼女が編み出した「生活を豊かにする工夫」を学ぶことができます。

今回紹介するのは、「賢い家具選び」について。「デザインが良いから」という理由だけではない、大切にすべきチェックポイントとは?

改めて、家具の「目的」を
考えてみる

A43dbdce468f91ad7593057c5553dd972f414e11

30代後半から40代はじめ、私(著者)の部屋には、不要なモノや使わない家具が溢れていたのを覚えています。その頃は起業したばかりで忙しく、家にはほとんどいなかったこともありますが、本当の理由は掃除に関心がなく、空間を維持する大切さに背を向けていたから。たまに雑誌などで美しい部屋の写真を目にすると「いいなぁ」とため息が出るものの、相変わらず現実の部屋は荒れ放題のままでした。

モノと私の関係を見直し、本当の美しい住まいづくりを考えるようになった大きな転機は、ドイツから帰国した後に訪れます。家にあるすべての家具やモノの目的を考えてみたのです。

家具にはそれぞれ、使う理由や目的がある。だから、一番必要な場所によく使うお気に入りの調度品を置けば良い。そうすれば不要物が増えないはずだ、という結論に至りました。そこから断捨離し、部屋をすっきりさせていったのです。

もしあなたが家具を購入するなら、まずは目的を考え、自分の手入れが行き届く範囲のモノを買ってみてください。

家具を買うときは
じっくり時間をかけること

家具を買うなら、少し高くて良いモノを選ぶことをおすすめします。もちろん、部屋のスペースに合わせ「使う目的」と「置く場所」を考えておくことも大切です。

どうしても欲しいけれど高くて手が出ない家具は、数年かけてお金を貯めてから手に入れるのが私流の買い方です。今すぐ手に入れたいものを我慢して「わざわざローンを組んでまで買う必要はない」と言い聞かせています。なぜなら、その家具がなくても自分の命に別条はないからです。それに時間が経って「なぜあんなに欲しかったのか」と心変わりをすることもあるかもしれません。

例えどんなに必要でも、どこでどのように使うか、をよく考えてください。衝動買いは避け、考える時間を十分に取るのがベストです。

木の家具は
雨の日に選ぶと良い?

A8667933d673d40c57de1a6615f27e1f79a87192

我が家の家具は、椅子もテーブルもチェストもすべて木製です。

ドイツ、イギリス、オランダから持ち帰ったもので、もう何十年も使っています。人生の苦楽をともに歩んできた戦友のような愛しい存在です。

木の家具といえば、選ぶときは雨の日がベストと言われています。木は湿気の影響を受けやすいので、雨の日や曇りといった湿度の高い日は抜群のコンディションだそう。

真夏の空気でカラカラに乾いた日に買った家具の引き出しが、湿気の多い梅雨時に開けづらくなることがよくあります。買う場合は、必ず扉や引き出しを開け閉めして、無理なくスムーズに動くかどうかのチェックを怠らないようにしましょう。古い家具屋の店主によると「開けた引き出しを元気に閉めたときに、他の引き出しが少し動くくらいがちょうど良い」らしいです。

手入れを十分にしながら、長く使えるように注意深くチェックしてみましょう。

普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
ぼくたちはモノに時間を奪われている。モノ増えれば増えるほど、自由に使える時間は少なくなるというわけだ。ここで紹介するのは、自著『ぼくたちに、もうモノは必要...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...