「必ず笑える手段」、あなたはいくつ持っていますか?

ストレスが溜まっていたり、嫌なことがあって落ち込んでいるとき。気持ちを切り替える一番の特効薬はなんといっても笑うこと。だから、自分が確実に笑える方法を持つのは大切なライフハックと言えるでしょう。
陽気な友だちと会う、コメディ漫画を読むなんてのもいいですが、Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツで松本人志が企画した『ドキュメンタル』を観るってのも候補のひとつにいかが?

3ac4f1f4cb00832a1b9dfc0a4a7eb5f46faa88e1

「笑い」に対する壮大な実験

361e3d5dd8f5926bf33cea1c3aea345aba4184eb

「何もないのについ笑ってしまう心理にスポットを当てた企画がやりたい」
芸歴役40年、お笑いの酸いも甘いも噛み分けてきた松本はかねてからこう思っていたといいます。

何もない=外的要因が一切遮断された密閉空間であり、もしかしたら本当におもしろい芸人を決めるのに最適な場所なのかもしれないという推測のもと、笑いの珍獣たち10人をとある場所に招集、「笑い」に対する壮大な実験をスタートさせたのです。

0b5c1312df236388cfa1257109ac65c8cf7830a9

優勝賞金1000万円!?
相手を笑わせ、自分は笑っていはいけない

Ae3e41ec38291e9b4613bd37b60b5e3f702c2200
好評だったシリーズ1,2に続き、8/2よりシリーズ3が配信開始。メンバーは、くっきー(野性爆弾)、山本圭壱(極楽とんぼ)、後藤輝基(フットボールアワー)、木下隆行(TKO)、レイザーラモンRG(レイザーラモン)、秋山竜次(ロバート)、伊達みきお(サンドウィッチマン)、春日俊彰(オードリー)、岩橋良昌(プラス・マイナス)、ケンドーコバヤシの10名。
「6時間の制限時間で相手を笑わせて、自分は笑うな」という唯一のルールが松本より言い渡され、賞金1000万円をかけた笑いのサバイバルが今回も幕を開けました。
0749c530307a3c2c977542e05df427c51b3e48cc

「必ず笑えるポイント」はここ!

笑ってしまってレッドカードが出たら即退場。生き残りをかけた本気のサバイバルは予測不可能なことばかり。分刻みで笑いが起きると言っても過言ではありません。

①身一つで笑いの無法地帯に挑む芸人たちのトンチンカンな行動

0509ac39caea76ebc10de22e0c1e820db9b00acf

集中が切れて気が緩む前に相手を脱落させようと先手を打つ者もいれば、相手を笑わせるのは自分も笑ってしまうリスクがあるからとまわりと一定の距離をとる者も。身一つで笑いの無法地帯に挑もうとする下手な頑張り具合はトンチンカンすぎて目が離せません。ただ誰かが突っ立っている姿にクスッとしてしまうなんてことも十分あり得ます。

②地上波では見られない芸人たちの楽屋ノリ

Fb563b6428356985b6613988561b3616d6d47fe3

もちろん緊張感はあります。でも、出演者全員が気の知れた芸人仲間たち。どこかリラックスしているというか楽屋ノリが強いというか。内輪ネタって、ふつうは第三者にもそのおもしろさを伝えるのが難しいと思うのですが、そこはさすが笑いの魔術師たち。何を話してもくだらなくておもしろいんですよね。

②最終到達地点は小学生男子レベルのお笑い合戦

8da8ee973cf2b38f0e5988f9cfe730c7996cec94

素人が見ても「こんなの地上波では絶対放送できないだろうな」とわかるくらい下世話な方法で相手を笑わせようとするシーンは多々アリ。シリーズ1では宮川大輔発案の誰が最速でお尻の穴を見せられるかというゲーム、通称「アナリンピック」が開催され、シリーズ2ではジミー大西が自分の下半身を掃除機で吸うという謎の行動に出ました。前回に負けず劣らずの珍事件、シリーズ3でもたくさん起こります。

ほら、必ず笑えそうな雰囲気がムンムン漂っているでしょう?

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
今日も会社へ出勤。忙しい1日が始まり、外が暗くなるまで働く。ただ事業が拡大して成功することを信じて…。ただ、こんなに頑張っているのに思い通りにいかないのは...
あまりに退屈な内容すぎて、思わず睡魔が襲ってくる。テレビでも、映画でも、投稿動画でも一度はこんな経験があるはず。「こんなの誰が観るの」と言いたくなるような...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
いきなりですが結論から。当たり前ながら、めっちゃ溶けます。以下がその様子。あえて何かを説明するまでもないでしょう。シンプルすぎる動画とはいえ、思わず見入っ...
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
これは、モスクワで開催されたフェンシングの世界選手権2015の様子をとらえた映像。しかし意外や意外、この大会で一際注目を集めたのは、スター・ウォーズでお馴...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行か...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
一般的に知られている逆再生動画は、魔法のような不思議さをウリにしているものが多く、そのどれもが緻密な計算の上に成り立っていると思います。風景を撮るにしても...
あなたの名前には、「くさかんむり」や「きへん」が入ってはいませんか?また、「田」や「川」などの“自然”を表す漢字は含まれていませんか?該当するあなたは、ち...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...