「男友達が多い女性」心の叫び

一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと感じてしまうのも無理はありません。でも、男友達が多いと意味もなく偏見を持たれてしまったり。

Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんの記事は、そんな女性の気持ちを代弁しています。

01.
男友達が多いからって
「気」が多いわけじゃない

Fce3152d7a5e5d73d12b93c2807af5a01e71b713

恋愛感情抜きで異性と親密になることはできない、なんて悲しいことは言わないで。男女関係なく、友情を育むことはできるはずです。もちろん時には、いつの間にか恋愛に…なんてこともあるかもしれないけれど、男友だちが多い女の子にとって、これはむしろレアなパターン。

02.
女友達ももちろん欲しい

男友だちが多いからって、女友だちを欲してないわけではありません。むしろ、女友だちは最高だって思ってます。たしかに男友だちの方がドロドロした関係にはなりにくいけれど、やっぱり誠実な女友だちは必要です。

03.
男友達といたって
女らしさは保ちたい

Deae850eb7c3b4d5e8103cbd25f7f81524bf6def

男友だちが多い女性は、何かと男扱いされがち。そんな人、今まさしく思い浮かんでいるのでは?でも男友達がたくさんいたって、やっぱり女らしさは持ったままでいたいんです。

04.
最高のキューピッドになれる

自身の外交的なキャラをフル活用して、キューピッド役を担ってくれる彼女。女性は往々にして勘が鋭いから、アプローチ法がいまいちな時は、的を得たアドバイスで助け舟を出してくれるはず。

05.
芯がしっかりしている

1674acc89092d69a22f0e762c49e70132a1e1295

だから周りが男ばっかりでも、自分らしくいられるんです。無理に合わせたりもしないし、いつだって楽チンな服装で登場。スウェットでソファに横たわって、みんなで一緒にお笑い番組を鑑賞する週末の夜なんて、最高じゃないですか?

06.
裏表ない
正直な意見を言える

思ったことをそのまま口にする男友だちに囲まれている影響か、いつでもどストレートな意見を言ってくれます。

07.
魔性の女ではない

D3b9c8150c789f909636d7f43defc61e0d52a464

男友だちに囲まれているから「男性の扱い方を分かりきっている」なんて思われがちだけど、恋愛対象ではなく、あくまでも友だちとして接しているだけだから、案外扱い方までは分かっていないもの。何も目立ちたいから男友だちとつるんでいるわけじゃなくて、友だちがたまたま異性ってだけの話なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いがで...
「女友達なんかより、男友達のほうが全然ラク!」。そう語るのは、「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさん。「男女の関係」なんて面...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
付き合っている彼はもちろん、彼の周りの友だちからも「いい彼女」と思われる女性になるためには。誰からも愛される女性の仕草を4つに分類してみました。1.内面か...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
ちょっとした気遣いができるかどうかで、モテるかモテないかが決まると言います。ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターErika Hube...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
「女は追われる恋愛の方が幸せになれる」なんて言うけれど、そんなのできたら苦労しない。男の人って追ったら逃げていくし、でも「好き」な気持ちは抑えられない。そ...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
都合のいいときだけ連絡がくる、ウソをつく…。この人、大丈夫かな?と思いつつ気持ちをごまかしていたかもしれませんが、その男性「恋人として最低」の可能性もあり...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
初めて会った時の印象ってかなり大事。いいな〜って思った人に、勇気を持って話しかけているのに、つれない態度を取られたり、全く笑ってくれなかったりしたら、気持...
小さい頃はケンカばかりしていた「男兄弟」。怖い時期があったり、嫌いな時期があったり、仲良しな時期があったりと、いろいろあったかもしれないけど、それでもやっ...
束縛男、つまり隠れモラハラ系男性とは、人間的な器が小さく、独りよがり。自分の価値観を女性に押し付けるタイプのことです。自著『ブラック彼氏』から、彼らの具体...