東京を訪れて、失っていた情熱を取り戻したフォトグラファー

アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送っていたそう。

そんな彼に、もう一度写真を撮る気力を与えてくれたもの──。それが「東京の街並み」でした。

小さくて大きな街
「東京」

もともと彼が東京を訪れたのは、写真を撮るためではありませんでした。ずっと日本文化に興味があり、友人と観光でやってきたそうです。

プライベートで、気分転換のために訪れた東京。しかし、街並みを見ていると、彼の胸にある思いが去来します。

「この街で写真を撮りたい」

Patrickさんに、東京を訪れたときのことを聞いてみました。

「初めて東京を訪れて、静かなのにどこか混沌とした風景、眠らない街、行き交う人々の優しさに心を動かされた。

忘れられないのは、雨が降る早朝5時に写真を撮りながら歩いたこと。そしてそれが、とても楽しいと思えたこと。東京は小さいけれど、大きな街だった。あの街の中で、僕は大切なものを取り戻せた気がしたよ」

 

私たちにとっては見慣れた風景でも、彼の目を通すと知らない場所のように感じられるのも不思議です。

もちろん、アムステルダムに戻った今でも、彼は写真を撮り続けているという。またいつか日本を訪れて、もう一度東京の街を、そしてできれば日本全国を旅して写真を撮りたいんだ、と夢を語ってくれました。

その日まできっと、写真に対する情熱の火を絶やすことなく、シャッターを切り続けていくのでしょう。

Licensed material used with permission by Patrick Mordi, (Instagram)
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
「Expanded Consciousness」にライターのAletheia Luna氏が、情熱に溢れる人に共通する特徴を書いています。正義感が強く、やる...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
あなたの周りにいるエネルギーに満ち溢れた人。近くにいるだけで、なぜか自分もポジティブな気分になった記憶はありませんか?ここで紹介するのは「Elite Da...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。プロの使う機材は、一眼レフで...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...