その「言い訳」が、オトコを遠ざけている。

ダメなオトコの見分けかた、SEXの痛みを改善する方法、とリアルに世の女性に役立つ情報を紹介する、人気女性ライターKimmy Foskett。納得してしまうだけの説得力には、イマイチ欠けるんだけど、03.はヤバッ、自分も口にしてるかも(汗)。

というように、言ってしまいそうなワードほど、意外と自分では気付かないものでして。

Cd2e80d60fbc4c76cd915a2a06a2f2d995a782c6

昔付き合っていた男の話なんだけど、ジーンズを冷蔵庫で冷やしてキレイにするっていう変人がいました。恋愛において私は、とにかく相手を過剰に肯定する傾向があって…真面目に、そんなとこも好きって言ってたし。今思えばアホだったんですけどね。

あなたに恋人ができない、もしくはできても長続きしない本当の理由はなんだと思ってます?それを見極めるためには、自分の恋愛の傾向を理解することです。まずはこんなネガティブな言葉に注意してみること。

01.
仕事で疲れてて…

C748af90fef55be808904aa16ed5ff669ada27eb

当然だけど、まだ慣れない男性と一緒に過ごすのは疲れるものです。オンナ友だちと比べると何倍も。メッセージの返信だって、いちいち文章にも気を使うわけだし。

だけどそれを「面倒くさい」の一言で片付けてしまってはNG。朝から晩まで、仕事で疲れたあとの緊張するデートや連絡は、正直しんどいかもしれないけど、明日も恋人がいない未来に比べれば。

「わかっちゃいるけど、やっぱり疲れる」、それでもこう言うのなら、もうシングルでいることに愚痴っちゃダメ。面倒だからって断ったデートの相手が、運命の相手かもしれないって考えてみてください。

02.
もうちょっと痩せないと…

問題意識があるだけでは、スリムなボディは手に入りません。昔は、痩せている方が彼氏だってできるはず、こう思っていたけれど、周りを見回してみれほしいんです。恋人がいる女性が、みなスーパースキニーを履いているでしょうか?愛されるかどうかに、体重が直結するはずなんかありません。

「痩せないと恋人ができない」、「恋活できない」、そんな考え方は自分を否定しているのと同じ。ネガティブ思考の始まりを自分から生み出してはいけません。新しいビキニを買ったり、ヨガをしたり、好きなものを食べたり、睡眠不足解消をしたり、気分が明るくなることに、目を向けることを心がけましょう。

03.
だって、オトコって面倒くさいんだもん!

53ba1dee819fc258fad5b3415890b846cbaea569

冗談でもこのセリフはタブー。がっついてないアピールをしたいのかもしれないけれど、「感じが悪い人」と誤解されてしまいます。

彼氏がいないことをからかわれても、ムキにならずに受け流して、働きすぎている時間を見直したほうが有益では?口に出す前にもう一度考え直してみて。自分の言葉で自分の首をしめてませんか?

04.
元カレがねぇ〜

仮に完璧に吹っ切れたわけじゃなくても、1年前に別れた彼氏のことを「まだ引きずっている」と自分で認めてはいけません。彼はあなたの元には戻らないし、すでに新しい恋をしているかもしれない。

口に出してしまうほど執着は酷くなっていくものです。四六時中元カレのインスタをチェックしたり、2人の思い出の曲を永遠にリピートしたり…。いっそキッパリ「もう二度とヨリを戻すことはない」、そう言い聞かせるほうが自分のため。

もちろん、ふとした時に思い出してしまうのは仕方がない。だけど引きずっている限り、新しい恋は降ってはきません。忘れるために、とにかく今より前へ。

05.
今はひとりでいたい

E382be58c97ee2bf4ed771e4489c7157075e7fd3

本当によく考えたうえで、それがベストだと答えを出したのならば、何も言うことはありません。そんな時期も大切だから。けれど、もし違うなら自分から縁を逃していくだけ。だって、ひとりを満喫しているのならカップルを羨んだり、卑屈にならないはずだから。心当たりありませんか?

強がって無理に「ひとりでいたい」と言うのはやめましょう。欲しいものを素直に求めることは、意外と難しいんだけど、それは自分への愛情があるからできることなんですよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
30代になってから、20代の頃の恋愛を振り返ると「もっとこうしておけば良かったな」「これを分かっていればな」という気持ちになることもあるでしょう。ここで紹...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
傷つくのが怖いのは、誰だって一緒です。でも、それを理由に恋愛が全力で楽しめていないのは、とてももったいないこと。だって恋愛は、心を開けば開くほどしあわせを...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
多感で怖いもの知らずな10代で経験する恋愛、もちろん勢いもあってウキウキするでしょう。でも、その場の楽しさだけでは、上手くいかない結果が待っていることも。...
どんなにキャリアを積んでいきたくても、やっぱり恋愛も大事。定期的に美容院に行きたいし、ネイルもしたい。そしていつでも綺麗でいたい。「でも、忙しくてできない...
20代は人生を深く考えすぎずに、思いっきり楽しむべきと教えてくれるのは、「Elite Daily」の人気ライター、Lauren Martinさん。その4つ...
「人は易きに流れる」とはよく言われることですが、つい自分に言い訳をして楽な選択をしがちですよね。それもそのはず。“できる理由”よりも“できない理由”を探す...
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
社会に出て、自分の力でいろいろなことを掴み取っていかなければならない20代。でも、不慣れなことの連続で、つまずきやすいのも20代。そんな、過酷な世界で前へ...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...