いまアメリカで起きている人種差別論争は、日本でも起こりうるかもしれない。

「日本人は暴力的だ」と一括りにされたら、あなたはどう感じますか?そんなことを頭に入れつつ、この記事を読んでみてください。

いま、アメリカの一部で起きている論争は、まさにこうした偏った意見が問題になっています。まずは、きっかけとなった全米ライフル協会の動画を見てみましょう。

賛同する人もいれば
プロパガンダだと批判する人も

ダナ・ローズチによる渦中の動画を要約すると、「黒人はメディアを上手く利用しているし、学校では大統領を批判するような教育をしている。さらに、人種差別を過剰に訴え、道路や空港で暴力的なデモを起こしている。だから、警察官は銃を持って止めなければいけない」というもの。

これに対して、アメリカでは論争が起こっているのです。警察が銃を持っているおかげで命を救われたと言う人もいれば、偏見を植えつけてしまうので取り下げてほしいと要求する人もいます。

Funmilola Fagbamilaは後者をサポートするアクティビスト。彼女は同じような内容を語ることで、ある一部の人が起こしたモラルのない行動を、多くの人がやっていると勘違いしてしまう危険性がこの動画にはあると伝えようとしました。

彼女は、「ライフル協会の人たちは銃を黒人を撃つために使っているし、黒人を刑務所に送ろうとしている。それに対抗する唯一の道は、今の社会に潜む差別を訴えるデモなのだ。だから、私たちは戦い続ける」と、あえて偏見を作るように語ります。これには、銃の所有を支持する人から多くの批判のコメントが相次ぎました。

しかし、彼女のメッセージには続きがあります。

「私たちはより良い生活を求めているのです。それを全米ライフル協会が暴力的だと一括りにするのは違うのではないでしょうか。アフリカ系アメリカ人は全く恐れていませんが、こういったことがあるので自分たちの生活が安全ではないと知っています。

だから、メディアに意見を投稿するのです。もちろん、子どもたちへの教育だって。デモを起こすこともあるでしょう。全ては生活のため。

全米ライフル協会の偏見を植え付けるビデオを公開したことに抗議し、私たちは取り下げるように要求します」

そして、最後には無実なのに殺害されてしまったアフリカ系アメリカ人の親族の方たちが。この人たちも暴力的だと言えるのでしょうか?

Fdd002ac73f662aae09158afff8ab196562ee3c12cf3532f3558135d79e0e92f67b7a23c3c3ae5d94c456c219de5ee056f058ded1428bc61dab85281

日本人にとっても
他人事ではないのかもしれない

一番初めの質問、誰だって日本人が暴力的と言われたら、「僕は違う」という抵抗感を覚えるはず。アフリカ系アメリカ人の多くが、この想いを抱えているのではないでしょうか。

もしかすると、僕たちにとって「人種差別」は身近に感じないことかも。だけど、グローバル化が進み、ダイバーシティという言葉が日本でも浸透していることを考えると、このような論争は意外と他人事ではないのかもしれません。

Reference:DeRay Mckesson
Licensed material used with permission by Dignity and Power Now
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
避難訓練に見る、お国柄。写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか? Pos...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...