世界でいちばんの「犬」が決まるフォトコンテスト

毎年、「世界でいちばんの犬」を決めるフォトコンテストがある。主催するのは1873年イギリスで創設された、世界最古のケネルクラブ「The Kennel Club」。これは、犬好きの、犬好きによる、犬好きのためのベスト・オブ・ベストだ。

Dog Photographer of the Year

単にもっともカワイイ犬が選ばれるようでは、“世界最古”の名が廃るというもの。だが、そこはさすがに由緒正しきケネルクラブ。犬を愛してやまない人々ならではの視点が選定の基準。先だって発表された2017年度の各賞をチェック!

「遊ぶの大スキ!」部門

97ea9ed4eeffc0134ebc5f3d189aa9790916478c
Photo by Kaylee Greer / The Kennel Club

このカテゴリーにおいてもっとも重要なことは、健康的で幸せな犬がそれぞれの人生を謳歌するように、楽しそうに遊んでいる場面。

1位に選ばれたのは、アメリカに暮らす、ソフトコーテッド・ウィートン・テリアのPetey。タイトルは『スプラシュ!』。

「老犬のノスタルジア」部門

8955237b2e2367e913955db5a157a1b488ce4d86
Photo by John Liot / The Kennel Club

血統書つき、雑種ともに応募できるが、犬齢8歳以上でなければこのカテゴリに応募することはできない。スタジオでも、屋外でも、ポートレイトでもOK。

写真は雑種のKelly。タイトルは『Kellyお気に入りの場所』。

「かけがえのない相棒」部門

C5ad957b31decc1d0867a9001adb6b4f7d50f9c2
Photo by Maria Davison / The Kennel Club

人間と犬との深い結びつきを表現するのがこのカテゴリー。例えるならオーナーと愛犬のポートレイトや、散歩風景において忠誠や従順さからくる親交が見えるもの。ただし、構図のなかに人間と犬がともに写っていること。

写真は雑種のYzma。タイトル『少女たったひとりの親友』。

「ダイナミズム」部門

989466f21aa9e7f24326faee3b81a6f869a7ec64
Photo by Sarah Caldecott / The Kennel Club

活発な犬たちの躍動感ある姿を捉えた写真がこのカテゴリーに集まる。例えば獲物を狙う猟犬の俊敏さ、駈け出す際のつま先まで伸びきった様、走りっぷり、泳ぐ姿、レスキュー風景など。

写真ポインターのRita。タイトルは『活発』。

「補助犬・介助犬」部門
(慈善活動カテゴリー)

9bbd3af442da42db7861c92b8758335f9cf8622a
Photo by Alasdair MacLeod / The Kennel Club

補助犬としてプロのトレーナーからの訓練を受けた犬たちが、介助を必要とする人々の元で実際にどう貢献しているかがわかる写真であること。なお、このカテゴリーの優勝者には、ケネルクラブより副賞として500ポンドを任意の補助犬トレーニング施設へと寄付できる。

写真はグレイハウンドのMegan(Duncanさんと)。タイトルは『MeganとDuncan』。

「パピー(子犬)」部門

B9c94141887f0111022f7baccc6ca036dcec8bb3
Photo by Mirjam Schreurs / The Kennel Club

応募できるのは犬齢6ヶ月未満の子犬のみ。ただし、生まれたばかりの姿でも、遊んでいるところでも、母親のお乳を吸っているところなど、シーンは不問。

写真はボクサー犬のTyson。タイトルは『超集中』。

「シェルター犬」部門
(慈善活動カテゴリー)

E3871d9e184f8ae696a50ab7f800a6dc0f6bf9d5
Photo by Alexandra Robins / The Kennel Club

今年新たに加わったのは、ドッグシェルターに預けられた犬、もしくはすでに新しい里親の元へと渡った犬たち。彼らの多くは雑種だったり、血脈が不確かなものたち。捨てられた彼らを捉えた写真は屋外で、楽しげにしているものであること。こちらも、ケネルクラブより副賞として500ポンドがシェルター団体に寄付される。

写真はブリンドルグレイハウンドのChloe。タイトルは『希望』。

「犬こそ私のすべて…」部門
(青少年カテゴリー)

D2a833eb9849d3e57eb1d493cbaa866e2dea116f
Photo by Julian Gottfried / The Kennel Club

12歳から17歳の青少年カメラマンからの応募を受け付けるのがこのカテゴリー。重要なことは、いかに自分たちの生活にとって犬が欠かせない存在かを写真で示すこと。

写真はミックステリア(血統不明)のPippin。タイトルは『歓喜のジャンプ』。

「肖像犬」部門

72887ee082c47b78a540f92f78f444f6ecd9b375
Photo by Anastasia Vetkovskaya / The Kennel Club

スタジオ、もしくは屋外で撮影されたものが望ましい。背景は極力プレーンなもので犬以外の要素が入ってはいけない。ポートレイトは頭部のみ、もしくは胴体まで入れる場合は「おすわり」あるいは「ふせ」をした状態であること。

写真はアフガンハウンドのSisley。タイトルは『ブラック・ビューティー』。

「新米フォトグラファー」部門
(11歳以下の子どもカテゴリー)

Ce7052d31dfa40817e64083e420ec471446bf21f
Photo by Dylan Jenkins / The Kennel Club

こちらも新設されたカテゴリーで、青少年よりさらに若い11歳以下の子どもたちによる作品の部。写真のコンセプトは「なぜ犬が好きなのか、人が犬を愛する理由」がわかるもの。

写真はブラッドハウンドのMosey。タイトルは『Moseyはケーキにくびったけ』。

Top Photo by Kaylee Greer / The Kennel Club
Licensed material used with permission by The Kennel Club
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ロサンゼルスにこんなに可愛いワンちゃんがいるのをご存知でしょうか。今すぐ、インスタグラムで『Popeye The Foodie Dog』と検索してみてくだ...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
「……まったく、ホント勘弁してほしいよ。撮影だっていうから行ってみたら、いきなり扇風機の風を直撃だもんね。そりゃ、なびくに決まってるでしょ(笑)、こんなに...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...
バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。このワンちゃんの名前は、Alpha。重い糖尿病を抱える...
ときどき、可愛いスカートやベストを着てキメていたり、泡々のバスタブに浸かって気持ち良さそうにしている「セレブ犬」をSNSで見かけることがある。きっと、お金...
人類最高の友、犬。いつでもそばにいてくれる人懐っこさとどこか憎めないキャラクターが魅力的。そんな犬の魅力を、ちょっとゆるめのイラストでまとめるロシア在住の...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ...
「うちの子に限ってそんなことはない!」。そう思いたい方の気持ちも分かりますが、驚きの調査結果を「Psychology Today」に発表したのは、動物心理...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...