きのこ、地衣類。小さな世界ラブ。

深い自然に囲まれた、青森県の「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」。

巨大な樹木が立ち並び、さまざまな植物が季節によって景観を変え、静かに水が流れていく神秘的な場所。

でも、この美しい場所は、約1100年前まで焼け野原でした。
十和田火山の噴火により、この辺りはすべて焼き払われて無の世界となったのです。草ひとつない場所から千年の時を経て、なぜこんなにも美しい渓流ができあがったのか?

それは、土に養分を与える「きのこ」と、その土壌を作る「地衣類(ちいるい)」の働きがあったからでした。

小さな世界に、ダイブ。

C69ba14f1b72a6174f1ae7657cd45d57b79396a6

ルーペを通して、ようやく確認できるほどの小さいきのこや、数ミリの地衣類。

これらは、渓流を普通に歩いているだけでは決して目にすることのない「小さな世界」ですが、奥入瀬渓流の始まりを支える、という大きな役割を果たした生命です。広大で美しい自然の成り立ちのきっかけが、こんなに小さな植物だったという事実を目の当たりにするはず。

これらは、「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で開催されるツアー「気になる小さな世界」で体験できるもの。

01.
「気になるきのこツアー」

Aba208ded756b7847c706e8444d2db7f487d2b0d

奥入瀬渓流には、数多くの小さなきのこ類が生息しています。ひとくちに「きのこ」と言っても、当然その形やデザインはさまざま。

色鮮やかなものや傘に特徴のあるもの、なかには傘がないものもあります。

2260ee7fb05df20a3da9c4051c2928de5cf63b33

たとえばこれは、シロソウメンタケというきのこ。3〜10cmほどの大きさで、色の種類も様々。

ツアーでは、ガイドさんが丁寧に解説してくれるそうです。「気になるきのこツアー」は、2017年9月1日〜10月6日までの開催。

02.
「小さな地衣類ツアー」

A7f52219091fc2275202ba99e5c0470ee446bf17

そもそも、地衣類ってなに? という人も多いかもしれません。

「ちいるい」。耳慣れないかもしれませんが、きのこと同じ菌類の仲間です。菌と藻の共生体であり、厳しい環境でも最初に着生し、長い時間をかけて土壌を作ります。その活躍ぶりから「森の開拓者」なんて呼ばれることも。

地衣類はかつて世界中に分布していて、日本にも1,000種以上が生息していたそうですが、大気汚染や劇的な環境変化に伴い、都市ではなかなかその姿を見ることはできません。

そんな「小さな地衣類ツアー」は、2017年11月1日〜11月26日に開催。

B403686b7370fbdac80bde3c00ca5136e589a574

地衣類も、きのこと同様にさまざまな個性で楽しませてくれます。自然が作り出した神秘的な模様をルーペで観察してみましょう。

秋限定の「気になる小さな世界」に触れるツアー。大人も子どもも奥入瀬渓流の魅力を一層知ることができるでしょう。

長い時間をかけて森を作ってきた小さな母たちの姿を観察して、ルーペを外して顔を上げたとき、目の前に広がる世界がもしかしたらいつもより美しく見えるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。きのこや野菜など、具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
木曾ヒノキ、秋田スギと並んで日本三大美林の一つとされている青森ヒバ。「Cul de Sac-JAPON」は、社殿や仏閣などの建築用素材として有名なこの樹木...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...