中国のラグジュアリーホテルは盲点だった。

もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。

だからこそ、この「Tablet Hotels」のセレクトが、やけに新鮮さを伴って目に映った。実際に宿泊するとしたら、価格的メリットはまだまだ東南アジアに分があるだろう。しかし、それはさておき、「中国にもこんなホテルがあった」という点を楽しんでみてほしい。

01.
THE LALU QINGDAO
(山東省 青島市)

50ead53d6ee2acb5b032fb9cf3c45e1d0f7c85cd

「ザ・ラルー 青島(青岛涵碧楼酒店)」は、台湾の高級“サンムーンレイク・ホテル”を生んだ敏腕ホテルグループが、本土進出第1号店としてオープンしたもの。アジアの最高級ホテルを数多く手がけてきた建築家ケリー・ヒル(Kerry Hill)がデザインした空間は、ご覧の通り圧倒的。そして青島市に湾を挟んで向き合うこのロケーションは、これまでになく新鮮な魅力を放っています。

02.
HOTEL WIND XIAMEN
(福建省 廈門市)

52f05495e7df482cbaecb902c3026dc32c017b77

世の中には時々、シンプルな素晴らしさを超越する贅沢なホテルが登場するもの。ここ「ホテル・ウィンド 廈門(厦门乐雅无垠酒店)」もそんなホテルの一つ。廈門にある広い高級ホテルとあれば、こだわり過ぎない普通の建築でも人はきっと満足したはず。けれどホテル・ウィンドはそんなことを知ってか知らずか、どこまでもモダンで、この独特な周辺環境を反映すべく、細やかな部分まで丁寧に作り込んだ造りになっています。

03.
PARK HYATT NINGBO RESORT AND SPA
(浙江省 寧波市)

956b84267a33582a200e8e4c94cf9253b04d812b

世界にパークハイアットは数十軒あるわけですが、(申し訳ないほど簡単に言ってしまうと)どれも、とりあえず泊まってまず失敗はありません。しかしその中でも、上海っ子にとっての近場リゾート地の一つ、東銭湖の湖畔に広がる「パーク・ハイアット 寧波(宁波柏悦酒店)」は、紛れなくラグジュアリー感満点で感動すること間違いなし。さすが伝統ある中国、と圧倒される空間とサービスに身を任せて、ゆったりとした贅沢時間を楽しみましょう。

04.
JUMEIRAH HIMALAYAS HOTEL
(上海市)

Bd5e4c5369be4167eada9300548de1cccc8d27f9

「ジュメイラ・ヒマラヤズ・ホテル(上海卓美亚喜玛拉雅酒店)」と、ここで言うヒマラヤとは、山脈ではなく上海市・浦東エリアにある巨大複合目的施設を指すもの。間違っても控え目とは言えない見た目のホテルですが、ジュメイラといえば、世界を驚かせたドバイの超高級ホテル“ブージュ・アル・アラブ”を手がけたグループだけに、これも納得。訪れる人もそれだけに華やかなので、見合ったワードローブのご準備を。または到着後、隣接したヒマラヤズ・センター内の高級ブランドショップに直行しましょう。

05.
THE LANGHAM SHANGHAI XINTIANDI
(上海市)

F65d93a584e0a408652f38700a5903313e54aec5

歴史ある石庫門住宅の建築が美しい新天地エリアにそびえる「ザ・ランガム 上海 新天地(上海新天地朗廷酒店)」。ミラーガラスに包まれたその巨大な建物に踏み入れると、負けずと大きなシャンデリアが吊るされた天井高いアトリウムが広がります。客室は間違いなく高級感たっぷり。けれど、上手にセレクトされたミッドセンチュリーの家具や曲線を活かした間取りが、室内空間にちょっと宇宙的な雰囲気を与え、ほかにはない個性を光らせるホテルになっています。

06.
THE WATERHOUSE AT SOUTH BUND
(上海市)

B70b75479dc9a5a1b3efc75f40b46750de71baee

超高級ビジネスホテルと並び、中国の人気ホテルの中には、次世代感覚を光らせる実験的なデザイナーズホテルも。例えばここ「ザ・ウォーターハウス・アット・サウスバンド(上海水舍酒店)」は、Tabletファンの間ではすっかりお馴染みのシンガポールのホテリエ、ロー・リク・ペン(Loh Lik Peng)氏が、リンドン・ネリ(Lyndon Neri)とロッサーナ・ウー(Rossana Hu)という上海に拠点を置くデザイナー2人とコラボレーションして完成させた一軒。その結果はご覧の通り。リサイクル素材の深みある質感と、上品な近代デザイン家具を組み合わせ、どこまでもフレッシュな空間を造りあげました。

07.
THE PENINSULA BEIJING
(北京市)

Ebf4c36786b1cedce6553bffee47c2e5baa4b0c5

ペニンシュラといえば、ちょっとスノッブで気品溢れる高級ホテルチェーンの一つですが、「ザ・ペニンシュラ 北京(北京王府半島酒店)」は、同グループの中でも特に輝かしい存在なんです。普段は星の数なんてあまり気にしていない私たちですが、もし“5ツ星”が単に高級ホテルに求めらるアメニティ全てが揃っている証なのであれば、このホテルは6ツ星レベルと呼ばれるべき。世界でも最も贅沢なホテル体験ができる場所でありながら、やり過ぎ感やおかしな嫌みは全く感じさせない、ホテル好きなら一生に一度は泊まってみたい一軒でしょう。

08.
ROSEWOOD BEIJING
(北京市)

950275d75c67cd26e032b946ce9fd3a4d6587636

単にホテルと呼ばれるのはお断り!とでも言わんばかりに、“アーバンビレッジ(都会の村)”を自負するのは、「ローズウッド 北京(瑰麗酒店)」。入り口を抜けると、忙しい朝阳区のビジネス街にあるとは思えないほど、閑静な空間があなたを迎えてくれます。芸術に満ちた公共空間を抜け、とにかく広々とした住居風の客室またはスイートルームへ。どの部屋もご存知フレッテ(Frette)社の上質なベッドリネンと、ロレンゾ・ヴィッロレージ(Lorenzo VIlloresi)のバスアメニティが揃っているなんて、なんと品ある村でしょうか。

09.
THE OPPOSITE HOUSE
(北京市)

C23dfcf1c1866e64d4644c5d50b91798d71f2bd7

日本を代表する建築家の一人、隈研吾氏の見事なデザインで知られる「ザ・オポジット・ハウス(北京瑜舍酒店)」。これまで私たちも何度となくご紹介してきた一軒ですが、その魅力はオープンから幾年経った今でも廃れることはありません。天へと高く広がる中央アトリウムと、リッチな質感を活かしたインテリアは、いつ訪れても心打たれる空間であり、その野心的なコンセプトと自信ある出来栄えは、ここで紹介したその他のホテルのモデルとなったと言ってもいいでしょう。

10.
COMMUNE BY THE GREAT WALL
(北京市)

65613171a5c8218d7132cf940d4d3f5cde18290f

そうそう、気合いの入った作り手たちの努力の賜物といえば、「コミューン・バイ・ザ・グレートウォール(北京長城脚下的公社)」も忘れてはなりません。建築博物館とでも、“住み込み可能なデザイン博覧会”とでも言いましょうか。著名近代建築家と建築デザイナーが協力して生んだこの宿は、荒涼とした北京郊外にあり、人の手によって作られたもう一つの偉大なる建築、万里の長城の目の前にあります。

Licensed material used with permission by Tablet Hotels
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...