ドナーになってくれた男性が「永遠のパートナー」に(実話)

何がキッカケで、運命の人と出会うかはわからない。だけど、まさかお腹を出して写真にうつるこのふたりも、そのキッカケが「肝臓」とは、夢にも思っていなかったに違いない。

突然、「余命2ヶ月」と宣告された。

E6ba642e9f5218733bd2617318b42687f0d14124

アメリカで生まれ育ったHeatherさんは、25誕の誕生日を迎えてすぐに、思ってもいなかった宣告を医師から受けることになる。

肝臓癌それもステージ4。腫瘍が大きくなるまで気づきにくい、と言われている肝臓の癌は、手の施しようがないところまで彼女の体を蝕んでいた。その後すぐに肝不全を患い、あと2ヶ月命がもったらいいほう、と医師も見放すほどに。

悪化していく自分の体に、Heatherさんはショックと絶望で、心の活力も失っていたのかもしれない。CBS NEWSのインタビューから、当時の彼女の切実さが伝わってくるはず。

「ドナーを探して多くの人に検査を受けてもらったけど、いい報告を聞くことは結局できませんでした。健全で、同じ血液型、同じサイズの肝臓を持つ人を見つけるのはかなり難しいと言われていたから……もうほとんど、生きることを諦めていたんです」

しかしそんな彼女のもとに、1本の電話がかかってきた。

「やあ、君がHeatherだね?僕の名前はChris。君のいとこの同僚さ。肝臓癌だと聞いてドナーを申し出たんだ。検査の結果、移植ができそうだ。大丈夫、きっとうまくいくよ」

そこに、助けを求める人がいれば…

A8ce81784f2721e7095fd4f2bbdba8f854b8339b

Chrisさんは職場で、いつも使わない休憩室をたまたま選んだ日に「いとこが癌で、死んでしまいそうだ」という会話を耳にした。元海兵隊の彼は「助けを求める人がいれば、自分にできることはなんでもする」という精神が、そのとき彼を突き動かしていたのだろう。

Heatherさんの命が危ないと聞いて、すぐにドナーを申し出たことがこの電話に繋がった。肝臓の提供だけでなく、手術の資金集めのために募金を募ったり、彼女のケアに全力を尽くしたChrisさん。こうして移植手術は現実のものとなり、肝臓を半分移植してもらったことで、彼女は一命を取り止めた。

“無償の愛”が生んだ本物の愛

Acfcd61dfa3852dfe0a7855a9052f9f9d85f04f0

ここまでのストーリーでも、彼の器の大きさは十分に伝わってくるけれど、本当にシビれるのはこのセリフ。

「君の命が助かって本当に良かった。もし望むのなら、この先はもう会わないようにしようか」

彼女が回復した姿をみて、見返りを求めることなく、Chrisさんはこう言って立ち去ろうとしたのだ。Heatherさんは彼の人柄に心を打たれて、この先の人生も一緒にいて欲しいと伝えたそう。

「病気で、心が弱っていたからじゃない。これ以上の男性はいないって確信したの」。

その後ふたりは交際を開始して、ゴールイン。現在では、移植手術を求める人たちの支援をしながら幸せに暮らしている。

同じお腹に残った傷跡
愛が生まれた証

C98d17212f881ef45fff1e5ead939e092dd3a9af
Reference:CBS NEWS
Licensed material used with permission by Heather Dempsey
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
「VJ NAKAICHI」は、日本を代表するVJとして知られている男性です。TOYOTAやNISSAN、VolksWargen、Audiなどの展示やショー...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
中国、ハルビン医科大学の外科医Xiaoping Ren氏は、2013年に世界で初めて実験用マウスの頭部移植に成功した人物だ。これまでに約1,000頭ものマ...
2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られてい...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
「Appleが新製品を出す」となると、行列ができるのはもはや定番の光景。そして、そこにインタビュアーが駆けつけるのも、お決まりの流れですよね。「いつから並...
最愛の息子を2年前に亡くしたBecklyさん。辛い時期を支えてくれたパートナーと結婚。その式の日にやってきたのはなんと、息子の心臓を移植して生き長らえてい...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...