8月21日に在米の人は「世紀の天体ショー」の目撃者に!?

2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こるという。アメリカ大陸を横断するのは、じつに99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控え、NASAは日食を観測するための準備動画を公開しました。

日本からは観測できないのですが(残念…)、海の向こうで盛り上がっている様子を見ると、ついこちらもわくわくしてきます。

月がアメリカ全土に
影を落とす日

79a3e6cadf9ab2d3b8830b9aa2c17cb78aa32a61

この皆既日食は、アメリカの50の州から観測することができるとされている。非常に広い範囲での観測が可能で、西のオレゴン州から東のサウスカロライナ州の軌道上では最大2分40秒間、太陽が月に完全に隠れた状態を見ることができる見込み。

その間はまるで夜のように暗くなり、近くの惑星や、明るい恒星などを目にすることもできるのだとか。

067d9fbe840b0be132ca24c36971dc2308e9b503

観測地によって、見え方は変わります。真っ暗になる所もあれば、

E3500e93d76d74bc93e76e5ea1e34bf027fed03f

ギリギリのラインで太陽が隠れきらないところも。

C124e79f7cb5f47c050c776133bd9721435bfad2

ただし、どこから日食を観測するとしても、必ず気をつけなければならないことがあります。当たり前といえば当たり前ですが、太陽を直視しないことです。

太陽を見るのに唯一安全な方法は「ソーラーフィルター」を利用すること。日食眼鏡としてメーカーから発売されています。サングラスや手作りのフィルターでは光を遮断しきれないので、決して代替品として使わないでください。日食眼鏡を持っているという人も、当日までに傷や損傷がないか点検を忘れないようにしましょう。

また、撮影を行う際にも注意が必要です。カメラなどのレンズを直接覗き込むのはもちろん、日食眼鏡越しに使用するのもやめましょう。レンズに入った光がフィルターを傷つけ、目を傷つける可能性があります。

もし日食を撮影したいときは、専門家のアドバイスを聞くようにしましょう。

4824b3c6ba37bbfd0022c70a5ddd30607c075a3e

日食が始まって暗くなり始めてからも、注意が必要です。完全に太陽が隠れるまでは、日食眼鏡越しに観測をしてください。そして完全に太陽の光がなくなったら、その間だけ裸眼で空を見てみましょう。

再び太陽が現れ始めたら、またすぐに眼鏡をかけるようにしてください。

35228b710b453c571b3d4e9b4b559f8dc0094f76

大陸を横断する皆既日食が前回アメリカで観測されたのは1918年。もし8月21日に在米の人は、貴重な機会を逃すことなく、安全な方法で日食を観測してみては。

Licensed material used with permission by NASA
10月から約1ヵ月に渡って出現するオリオン座流星群は、肉眼で観測しやすい初心者向けの流星群。空から無数の星が降り注ぐ光景に、うっとりすること間違いなしです...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
2015年9月28日といえば、日本では月の大きさも明るさも増大して見える「スーパームーン」が話題。前日が中秋の名月ということもあり一気にお月見ムードが高ま...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
現地時間の21日、北アメリカ大陸を「皆既日食」が99年ぶりに横断しました。帯状の地域で、約2分間観測できたとのこと。地上にいたみなさんは、99年ぶりの皆既...
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
「Photobomb(フォトボム)」という言葉を知っていますか?写真を撮ろうとしたとき、急に友だちが割り込んできたり、後ろでこっそり変顔してたりする、ちょ...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...