エンタメ番組の放送作家がトランプのツイートに「リプしまくる」理由

ソーシャルメディアの楽しいところは、著名人であれ、同じ目線でコミュニケーションできてしまうところ。彼らの情報や宣伝をいち早く知れることもあれば、オフタイムショットに日常をチラ見したような気にもなれたり。まさに友人のように、それがOne Wayの気にならないからこその親近感がSNSの大きな魅力。

私のようにただ眺めて楽しむ人もいれば、こんな方法で著名人にアプローチを続ける人もいます。

良くも悪くもお騒がせなツイートを連投するドナルド・トランプ大統領。そのツイートに対して、あたかも友人のようにリプしまくる人物が、最近ツイッターユーザー界隈で話題になっているんです。

トランプに“リプる”この人、
トモダチなの?

どういうことかと言うと…

7月22日のツイート

トランプ(以下T):「ショーン・スパイサーはとても素晴らしいヤツなのに、“フェイク・ニュース”の暴挙によって被害者になってしまった。それでも彼の未来は明るい」 

ジョッシュ(以下J):「友達が離れて行ってしまう…悲しいね」

または…

7月25日のツイート

T:「今夜はオハイオ州へ。多くの人が集まってくれると期待している。会場で会おう!」  

J:「あー悪い!予定あって行けないわ。今度埋め合わせ、な?」

そのオハイオ州での公演を終えた感想を投稿した7月26日のツイートに対しても…

T:「オハイオの聴衆は素晴らしかったよ。ありがとう。本当に信じられないような夜だった」 

J:「で、一泊してくるの?それとも今夜帰ってくる?」

個人的には、これがいちばんニヤけてしまいました(↓)。

7月19日

T:「これから共和党上院議員たちとホワイトハウスでランチだ。医療保険について話し合う。彼らはアメリカ(国民)への約束を守らなければならない」 

J:「いいじゃん。俺はパスタでも作ろっかな」

と、まあこんな感じに、トランプ大統領の話し相手になったつもりでリプをしているのはジョッシュ・パッテンさん。7月の中頃から突如、それも一方的に始めたそうですが、彼はこれをプロジェクトだと称しています。

なんのため?そもそも、ジョッシュさん、あんたナニモノ?

政治的批判なのか?
ただの“おふざけ”なのか?

実はジョッシュさん、アメリカで40年以上続くバラエティ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家として活躍している人物。コント、風刺パロディ、即興劇など、エンタメを追求する長寿番組を支えているのが彼。

このトランプ大統領へのリプも、ジョッシュさんにしてみれば、オープンな共有の場を利用して自分のユーモアの発揮どころを模索する、新しい表現方法なのかもしれない。なんて深読みしたくなります。

なにが面白いって、個人の思想や、政治的意見を表明しているわけでなく、友人や家族たちに連絡を取るのと同じように大統領とコミュニケーションを成立させている点。あくまで一方的ですけどね。

他愛のない彼のリプは「お疲れ!」だったり、「いいジャケットだったよ」だったり、「残念だったな…」など、トランプ大統領のツイートに対しての純粋な共感や、感想を返信しているに過ぎないのです。まあ蛇足ですけど、返事はたったの一度もありません(笑)。

それでも、ジョッシュさんが続けるこのプロジェクトには、どんな意図があるのでしょうか?

8395ddaf4e1295f6709c3ecbb781321e212216a5

大統領がツイートするだけで大きなニュースになり、これに反トランプの人たちが速攻でツイッターで反論を返信する。これがいまのアメリカの現状。

お互いに一方的な意見をぶつけ合っているように映るリプ欄でのやり取り。はたして、これが本当に建設的な議論の場として成り立っているんでしょうか?

ジョッシュさんのリプを改めて見てみると、読み方によっては、現在の政権に対して好意的にも読めるし、揶揄しているようにも読めます。どこまで本気か分からない彼の”演出”に翻弄されるトランプ派も、反トランプ派も、そしてノンポリ派も、彼のリプ欄には登場します。むしろ、ジョッシュさんはトランプ大統領ではなく、不毛な議論をツイッター上でしているユーザーたちを試しているのかもしれません。

Reference:Josh Patten
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ。数々の女性蔑視の発言は多くの議論を呼んできた。大統領就任式の翌日「ワシントン・ウィメンズ・マーチ」で歌手...
トランプにも色んなデザインのものがありますが、犬好きのみなさんに是非オススメしたい可愛いトランプがありました。サンフランシスコのアーティスト、John L...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
カナダ・マニトバ州南部の町ウィニペグを流れるアッシナボイン川。一面が厚い氷に覆われるこの時季は特設スケートリンクとして、人々のレクリエーションの場に変わる...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...