この時代に「冷暖房なし」で暮らす家

冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな家づくりのメソッドだ。高機能ガラスや断熱材を使用することで、人工冷暖房に頼ることなく屋内環境を快適に保つ。私たちの住環境を根本から見直して生まれた方法であり、どんな場所に住んでいても、環境に優しく、燃費を大幅に減らせる方法だ。

ヨーロッパはもちろん、オセアニアやアジアでも注目が高まっているこの家づくりの「五原則」を紹介しよう。

伝統建築からヒントを得た
サステナブルな家

89586d24007c2e0f415d740844b6cff6e29bfd47
Photo by Houzz

パッシブハウスが始まったのは1980年代後半のこと。ドイツの物理学者、ヴォルフガング・ファイスト博士と建設の専門家であるボー・アダムソン教授が最初に開発を始めた。高断熱高気密により屋内の温度を快適に維持する、というコンセプトで、アイスランドで中世から続く草屋根住宅など、伝統建築からヒントを得ている。

C9b4996dcadd00e638c1ef7b92b03272028a4c8a
Photo by Houzz
「住宅に物理学を応用しているのです」と話すのは、シドニーで現在オーストラリア初のパッシブハウス集合住宅を設計している建築家の「スティール・アソシエイツ」のオリヴァー・スティールさんだ。
「オーストラリアは、サステナブルで省エネルギーの設計に対する意識が遅れていると思います。自然光をとりいれるための大きな窓や、通風に対する意識は高いのですが、物理学的にみて本当に効率的なのか、という視点が欠けているのです。パッシブハウスは科学の力で、こうしたことに取り組みます」
1900ada52e31587ede61e9d4d94f29f4b9a292ae
Photo by Houzz

公式に世界初とされているパッシブハウスは、1990年にドイツで竣工した。1年目の暖房用エネルギーを計測すると、当時の標準的住宅のわずか8%に抑えられていた。その後も計測を続けたところ、数字は5.5%まで下がった。

パッシブハウスの考え方は急速に広がり、主にヨーロッパにおいて、その後27年で50,000軒のパッシブハウス認定住宅が竣工した。ドイツにあるパッシブハウス研究所において技術はさらに発展。また、同研究所は、世界各国におけるパッシブハウスの性能基準を監督している。

パッシブハウス認定住宅は、設計および施工において独自の基準を守って建てられる。研究所が求めるエネルギー消費基準を竣工後も守り続ける性能が求められる。

Ae2f0202295e453060cb2ac8e6f8140ca5a78305
Photo by Houzz

写真は、2012年に「エコ・デザイン・コンサルタンツ」が英国バッキンガムシャー、ミルトンキーンズに建設した、同社初のパッシブハウス。

パッシブハウスの五原則

パッシブハウスは見た目は「普通」の住宅と変わらないが、設計・施工において5つの原則を守ることが求められる。

01.
断熱

03cb7044ab60c5ccdb17fdcda1bcd7855aeb734b
Photo by Houzz

「パッシブハウスを建てるとき、いちばんに考えることは断熱です」と話すのは、パッシブハウス認定設計士で「メルボルン・デザイン・スタジオ」のディレクター、マーク・バーンスタイン=ハスマンさんだ。

パッシブハウスは、壁、床、天井が「毛布で包まれるかのように」断熱材で覆われている。あるいは、軽量気泡コンクリートブロック、プレハブフォームパネル、わらなど、断熱性の高い素材でつくられている。夏は遮熱し、冬は熱損失を防ぐためには、適切な断熱が第一ステップとなる。

02.
高機能の窓とドア

55cc224cbff0c6f5cc9b7f4a057874924e366214
Photo by Houzz

「窓から熱が逃げるのを防ぐには、窓の機能も高くする必要があります」とバーンスタイン=ハスマンさんは言う。パッシブハウス研究所は、窓枠の断熱と、複層ガラスあるいは低放射率ガラスの使用をパッシブハウスの条件として規定している。

低放射率ガラスあるいはLow-Eガラスは、熱を反射する非常に薄いコーティングが施されている。これは、暑い夏の日差しを遮るには有効だが、冬に取り入れられる日光の熱は減ることになる。

03.
熱の逃げ道を防ぐ

6bcf6b471a959a1d077591b90c8e50bca33504d3
Photo by Houzz

第三の原則は、熱の逃げ道対策だ。熱の逃げ道とは、建物のシェルのうち、例えば外壁と内装壁の間にある金属製の壁枠など、熱を逃してしまう部分を指す。ここを通って熱が逃げると、全体の断熱性能が下がってしまう。

「熱の逃げ道があると、室内の快適性が下がってしまいます。例えば、背中側の壁に冷たい部分があると、不快に感じます」とバーンスタイン=ハスマンさん。パッシブハウス認定住宅では、こうした熱の逃げ道を排除する設計・施工を行っている。

04.
高気密

94264392229cad1482d0a46cccac8c9c1e984bb0
Photo by Houzz

「第四原則は、高気密の家づくりです。気密性の高い建物なら、隙間風が吹き込んだり、あたたかい空気が逃げることがありません。接合部分はきっちりと気密化し、建物を包む「外皮」の隙間をなくします」とバーンスタイン=ハスマンさん。

「オーストラリアの住宅においては、高気密の実現がいちばん重要な課題です」とスティールさんも言う。「冬に隙間風が吹く家では、室内のあちこちで暖房をつけることになり、温室ガス排出につながります。気密化すれば、簡単に改善できることなのに」。

高気密、高断熱の家なら、屋内の快適な温度を維持できるので、冷暖房のために必要なエネルギーを大きく削減することができる。

05.
熱交換換気

17028ff8ebda6267f464d858abf3ad65e05a359b
Photo by Houzz

隙間風はもちろん、空気が漏れることのない高気密の家では、熱交換換気(HRV)システムにより、室内外の通風・換気を行う。したがって、熱交換換気システムの導入が、パッシブハウスの家づくりの第五原則となる。

汚れた空気を排出し、フィルターを通した一定温度の新鮮な空気を継続的に取り入れるHRVは、パッシブハウスに欠かせない重要な機能だ。室内の空気の淀みや空気の質を改善し、寒い季節には結露を防ぐ役割も果たす。

HRVには熱交換器が備わっており、排出する空気とほぼおなじ温度で新鮮な空気を取り入れる。「こうすることで、建物内の熱エネルギーの85〜90%が維持されます」とバーンスタイン=ハスマンさん。「屋内では、常に22〜23度の設定気温を維持することが基本です」。

文:Gabrielle Chariton
翻訳:ハウズ日本版編集部
記事提供:Houzz(ハウズ)

地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
「住まい」の話をするとき、賃貸と購入はどちらが得かであったり、インテリアやリノベーションの仕方についての話になることが多いもの。しかし、世界がつながり始め...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を...