「妊娠線だって個性」ひび割れをレインボーカラーに。

妊娠やダイエット、成長期の急激な体型の変化により、肌の表面にできてしまうのが「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹周りや太もも、おしりなどにできた、ひび割れのような線をコンプレックスに感じる人も少なくありません。

そこにボディペイントを施すことで、「女性の美しさは変わらない」というメッセージを込めるアーティストがいます。Cinta Tort Cartroさんがその人。

隠すよりも主張する。

どちらかといえば「隠すべきもの」とされがちなストレッチマークを、虹色に彩って魅せるCintaさん。身体の一部を「醜いもの」ではなく「ユニークなもの」として受け入れて欲しいという思いが込められています。

Cintaさんは、なぜこのようなアートに取り組もうと思ったのでしょうか。

「ひとりひとりが異なる身体を持っていることが素晴らしいと思うし、それを受け入れるべきだと思ったんです。

女性の身体は、大きく変化していくでしょう。とくに子どもを産む時なんかはね。その過程は、社会からも女性本人からも否定されるべきものじゃないし、とても美しいもの。その素晴らしさを伝えようと思いました。作品を通して、女性の身体が持つ美しさに気付いてもらえたら」

CintaさんのInstagramアカウントは5万2千人以上にフォローされ、女性に自信と力を与えています。作品を投稿したことによって、どのような反応があったのかも伺ってみました。

「本当に多くの人に肯定的な反応をもらえてビックリしたし、嬉しかった。作品を通して、物事の見方を変えるお手伝いが出来たことが自信になりましたし、誇りに思っています」

「アートは人に影響を与える強い力を持っています。私が『フェミニズムと差別』という大きなテーマを扱う理由もそこ。繰り返しになるかもしれないけれど、人は皆美しくて、『異なっている』ことに人の大切な価値があります。それは否定されてはならないことで、多様性は受け入れるべき。

誰もがお互いを受け入れ、その美しさを尊重できるような社会を作るために、固定観念を壊すようなアート作品をこれからも作っていきたいです」

女性として生まれて、女性として生きていくこと。社会や世間のプレッシャーで自分の身体をネガティブに捉えてしまう女性たちのために、そして人として生きるすべての人たちのために「あなたは美しい」と訴えかけるCintaさんの制作は続いていきます。

前を向いて生きる力を与えてくれるエネルギッシュで優しいアート作品に、救われる人は世界中にたくさんいることでしょう。

Licensed material used with permission by Cinta Tort Cartró
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アプリ経由で結果が送信され、男性が先に妊娠の報告を聞くことができる最新式の妊娠検査薬がイタリアで試作された。正確性や手軽さはそのまま男女逆転で斬新な妊娠報...
 ノルウェーのイラストレーターLine Severinsenさんは二児の母。自身の妊娠・出産体験を通して、その大変さをイラストに描くことで、妊娠中のイライ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
Twitterでの公開後、約2週間で20,000以上の「いいね」を集めた“とある漫画”が面白すぎると話題に。描かれているのは、なんと「子宮の中の人たち」な...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
見た目には分かりにくいけれど、障害や難病を抱え、配慮や援助を必要としている人たちがいます。「辛い、しんどい」声に出せず、我慢している人も。けれど、こちらか...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
まるで、奇抜なファッションショーを見ているような気分。緑あふれる自然の中を、全身をカラフルに輝かせながらポーズをとる女性たちの異様な姿。人目をひくこの写真...
ワタシ、子供なんていらない。という女性ブロガーの声とは?子どもを持たないといけない。持つことが普通だ。以前はそう思われていることも多かった。1980年以降...
子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こん...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...