このアイテムはオーストラリア人が抱える「ジレンマ」から生まれていた。

今年の夏、多くのメディアに取り上げられて注目を集めた顔だけ焼かないビーチアイテム「Shader」。見たことがある人もいると思います。

Shaderが生まれたのは、日本とは逆にこれから夏が始まるオーストラリアですが、まずは使い勝手のおさらいを少しだけ。

A6bb30b0523184687acc323122e887df7d06b3087163421a97490bd00d0db1cbe8ed4b6987f41546

これを見ると「なんで顔だけ?」と、普段から肌を焼きたくないという人は特に疑問に感じるかもしれません。日本人である私達の感覚からすると、不思議に思ってもおかしくはないと思います。

ただしそこには、オーストラリアならではの日焼けへの価値観が影響しているのです。

「日焼け」は生活の一部
誰もが楽しむもの

以前、私がゴールドコーストに住んでいた時の話になりますが、週末はもちろんのこと、白い砂浜に寝転がり日焼けを楽しんでいる人を毎日たくさん見かけました。夏になると多くの人が小麦色になり、まったく日焼けをせず白い肌で通りを歩いていると、逆に目立つほどだった記憶があります。

が、彼らも日焼け対策は欠かしません。というのも、オーストラリアの皮膚がんの発生率は世界で2番目という調査結果が出ているくらい多いのです。

それでも、ビーチでは日本人のようにパラソルを張って完全に日除けしている人は見たことがありませんでした。日焼け止め(なかにはスーパーや薬局で売られているポンプ式のものを使う人も)を塗りながら、子どもから大人まで陽の光を思う存分に浴びて楽しんでいたのです。

「美容の天敵」というジレンマ

02f37a6035dfc6fdcc080d7fcbb2230dcb638e9d

日焼けが与える健康への影響について話を戻しますが、オーストラリアでの病気による死因の約30%は癌です。そして、その中で最も多いのが皮膚がん。政府も予防などを呼びかけています。

ただ、これだけだと「顔だけ隠す必要性」について説明しきれていないと思います。日焼けの良さも悪さも理解しているオーストラリア人。日焼けはもはや彼らの生活の一部であると前述したように、健康へのリスクがあるからといって「じゃあ、やめます」とはならないわけです。

心の内はわかりませんが、多くの人は腕や胸元にできるシミについてはあまり気にしていないように見えました。が、彼らだって日本人と同じように美容面も気にしているのです。日焼けのしすぎで顔にシミや皺ができてしまわないだろうか、と。女性であれば特に「それはそうだよね」と感じるところです。このことについては、Shaderの動画でも説明されています。

A7cce613fb8f7f59455a10c46688159c1831ff15

これまで彼らは顔の日焼けを避けたい時、タオルや雑誌など、手元にあるもので顔を覆ってきました。

私も以前、ビーチへ通う生活をしていた時はそうでした。だからこそ、初めてShaderを見た時「なんてセンセーショナルなアイテムなんだろう」と感心してしまったのです。

Licensed material used with permission by Shader
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
日差しが強くなっていくこれから、手放せないのが日焼け止め。SPFが高くても、きちんと塗れていなければ、なかなか効果が得られませんよね。そこで役立つのが「S...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...