技術系リケジョが正当な評価をされない、悲しい現実(研究結果)

最近やっと定着してきた「リケジョ(理系女子)」。だけど世界的に見ても数少なく、その稀な存在から、よく漫画やドラマのテーマとして扱われることも。だけど、なぜか決まって「おしゃれは二の次」や「暗そう…」といった、ステレオタイプが付いて回る状態。

リケジョはもっとイノベーティブな女性たちである!あくまで私の印象ですが、内に秘めた才能があまり全面に出ておらず、世間からこうした偏見がなぜ消えないのだろうかという疑問が残って仕方がないのです。

でもこれ、現実社会の中には根強くあるようで…。

性別表記が「女性」だと
評価されない事実

498295d9e28842184284be40e10d19d8fdc16ecf

2016年に話題になった一例で、ソフトウェア開発の共有ウェブサービス「GitHub」によるこんな研究結果があります。自分の制作したコードを同サービス上でシェアできるのですが、登録者数とシェアされたコードを元に男女に分けて比較を実施。

GitHubでの登録者数とそのデータからの実験で、女性コーダーが制作したコード内容が良いと答えたのは78.4%(男性は74.6%)ですが、登録者プロフィールに「女性」と書かれたところで同じコード内容なのに、評判良いと答えたのが62.5%までに下がってしまうという事がわかりました。

あくまでもGitHub内での調査であり、また、未だに査読されていない研究結果でもありますが…。

女性コーダーたちもいわゆる技術系のリケジョ。一例としてみても、男性社会の中で同等な仕事をしているのにも関わらず、「女性」と書かれただけで、なぜこんなにも高評価の割合が下がってしまうのでしょうか?

仕事のデキる女性は「キツそう」?

6751127459591802c8ba0220cd2a7f1592e192b0

過去にも「ハイディ・ハワード実験」という事例があり、一時期話題となりました。実験内容をざっくりと説明します。

とある起業家の成功事例をコロンビア・ビジネス・スクールの学生たちに読ませました。読む文章と内容は全く同じでしたが、主人公の名前だけをはハワード(男性名)ハイディ(女性名)の2種類に分けたのです。

すると、ハワードについて読んだ学生たちは「一緒に仕事してみたい人」や「引っ張ってくれそう」と好印象だったものの、ハイディについて読んだ学生たちは「一緒に働きたくない」や「性格キツそう」などといったネガティブな印象という結果に。ちなみにこのサクセスストーリーの主人公は、言うまでもなく女性のハイディ。

このように、女性が働いて成功するという事柄は、どんな業界や業種でも敬遠されがちだったり、または、その先入観が現実として未だに残っているという事がわかります。特に“バリキャリ”な女性たちは、一度は似たような経験はあるのではないでしょうか。

理系業界だけの問題ではない

528d8401a7bd78d6fc997f93bd9bb5d6f42505f3

どこか仕事のデキる女性に対してネガティブな印象を持ってしまう、これが事実としてある。女性コーダーの書いたコードの支持率が一気に15%ほど下がってしまうのには「女が作ったのだから…」という、うがった見方がそこにあったからなんじゃないでしょうか。

特殊で専門的な技術、腕、そして知識が必要不可欠な理系の業界において、リケジョも技術発展に必要な科学者であり、研究者であり、技術者なわけです。日々実験や計算やコーディングに奮闘しているのに、男性と同じように評価されないとはいかがなものか。

考えてみれば、化学や物理学でノーベル賞を受賞した女性研究者は、多くはありません(むしろレア)。まさか、職場で正当な評価がされていない…とは、いち女性としても考えたくはないハナシですけど。

理系女子を指す「リケジョ」という言葉。最近、よく耳にしますよね。颯爽としていて、知的なイメージ。でも、いわゆる「女子」の一面が垣間見えることも当然あります...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...