盗難にあうほど美味いチェダーチーズ

英サマセット州ヨービルで、毎年開催されるチーズの祭典「The Yeovil Show」。去る7月15日に開催されたコンテストにおいて、最もおいしいチェダーチーズが選ばれた。

と、ここまでなら何も紹介するようなハナシではない。けれど、今年はちょっとしたスッタモンダで、最優秀賞のチーズを楽しみにしていた人たちへのお披露目がなかったそうで。

コンクールで1等賞に選ばれたチェダーチーズ(ヴィンテージ、超熟成チェダー、熟成チェダー)に悲劇が起きたのは翌日のこと。イベントに訪れたチーズファンにお披露目するはずのナンバーワンチーズたちが、ディスプレイから忽然と姿を消した。まさしく神隠し。

生産者は、会場からほど近いブルートンにファームを構える「Wyke Farm」。受賞後、屋外用テントで保管していた彼らのチェダーチーズは、総量40キロ(受賞したチーズ20キロ、ほか20キロ)を超える重さ、末端価格にして500ポンドというから、日本円にすればだいたい7万3,000円ほど。そこそこの値段だ。

「私たちにとったら貴重な絵画を盗まれたのと同じキモチです。自分たちのチーズを本当に誇りに思っているし、祖母の代から続くレシピは、今も会社の金庫にしっかり保管しているものなんです」

メーカーはすぐに公式ページとFacebookでユーザーたちにこう呼びかけた。ベストチーズに選出されたとはいえ、もともと店頭販売もしているものだというから、試そうと思えば買ってその味を楽しむことだってできる。泥棒はよほどのチーズ好き?

現在、メーカーは40キロのチーズを速やかに、かつ安全な状態で返却するために情報提供してくれた人、あるいはは犯人逮捕の懸賞金として、チーズの価格と同じ500ポンドを用意しているとのこと。

この一件以来、Wyke FarmのFacebookには、チーズラバーたちから同情メッセージが続々と集まり、「買って食べて応援しよう!」、そんな呼びかけまで。40キロのチーズの代わりに、多くのファンを獲得できたのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Wyke Farms
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
突然ですが、「よくねたいも」という商品を知っていますか? 期間限定のじゃがいもで、北海道のホクレンから発売されています。「こんなに甘くてねっとりしたじゃが...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
よく海外のお菓子などで、目がチカチカするような原色カラーの商品を見かけることがありますが、まさかのまさか、チーズをカラーリングしちゃったトーストショップが...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
賢い女性は、結婚できない?1980年以降に生まれたジェネレーションY世代に向けられたアメリカのニュースメディアELITE DAILYで、物議を醸している話...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する方法です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...