本当の自分と向き合えた「サム」の物語が、切なくも温かい。

子どもだった時のことを思い出してほしい。友達とケンカした時、好きな子ができた時、悩んでいることを親に話せたでしょうか?ほとんどの人はためらってしまったのでは。

これから紹介する動画に登場する子ども「サム」も同じです。中々打ち明けられないので、心に寄り添ってあげるつもりで内容を追ってみて。

サムの悩みは気軽に
言えることではなかった…

E0015237dfd1bbb57554284a0e32306c22ed8da4

生まれて間もないサム。「悩む」なんて言葉さえ知らなかった頃。

6e0fa82267a970e15e38c56f068e83d55017b3a9

人形で遊ぶよりも車のオモチャで遊ぶことが好き。

0f0b7dceaa279d21b78f931e2402f2a95d9c4907

時々ヒゲを書いてふざけることも。

5d1a54b5b808dfdf3633a8be57b7b48b5523f470

友達は男の子ばかり。

A502f7825e917b1f3c110b9d41b18c1070e1ca48

でもね、なぜかみんな離れていってしまった。

25a7dbd4d82e5f61bc2813e871a1669788821d2b

「変わったヤツだな」って噂されていたみたい。

B3007d83675c3c4b83e8e8f2f322c337a2a6d404

許せなくて思わず手が出て…、

E7d1eb69ee6dc9c9795f4c0d070569d70fe411e7

親が呼び出された。でもなぜ?何も悪いことはしていないのに。

8207d357fa2f54ae3ba3598df767b3f89b356ecf

自分だけ髪の毛が長かったのがいけなかったのかな。

64fcd28cad4c5156814d03bbbe211b6e01bd6c36

髪を短くした姿を見たお父さんは、悲しそうだった。

Ac5b5a5b44e2b984b844634afdbd4f128368f23d

なぜ周りは自分を受け入れてくれないのだろう。

3f7030bf1b48cdd072683a8b39cf6c1cf378e954

カウンセリングへ連れて行かれたけれど、心の中を打ち明けはしなかった。

3e488f8c34f81eb77d239c9a43385b5ef85247a3

でもね、お父さんもお母さんも歩み寄ってくれた。諦めないでいてくれた。

Edcd9275289a510bcebe70a9cb1b8026046a8cd4

だから本当のことを話したんだ。

A0c4a32e3f43e6cbf81df7249700debb6532fa0b

すると心がふっとラクになって…

097bab86c1f45dea27f195c2c11ccfcfa4379e28

初めて「本当の自分」になれた気がした。

78f7080ce4cc149b711d85f9bfd2358e76a218b7

ありのままの自分を受け入れてくれる人もちゃんといるのだと、知ることができた。

本当の自分がどちらか
悩んでいたサム

終盤になる頃には気づいてもらえたでしょうか。始めからいた男の子は、兄弟でもなんでもなくサムそのものでした。女の子として生まれたけれど、自分の本当の性は男の子だと感じていたサムのイマジネーションで、心の動きをうまく描写しています。

そして動画に隠されたメッセージはもうひとつ。「サム」は、女の子だとサマンサ、男の子だとサムエルなど両方の性別の名からくるニックネーム。感が鋭い人ならもしかして、2枚目の写真くらいでサムの悩みに気づいていたかも?

「性教育」のための
サム人形

C2491b8ea8675e2da300ccf77e21634435906256

このサムは人形として商品化されています。赤ん坊の時から苦悩を乗り越えるまで6種類のサムが1体の人形になっており、「Kickstarter」で資金調達中。

C70a50a2de6561e44eb66337a88bdc541a5c6a6c

悩みなどなく幸せだった頃から疑問を持ち始めた時期。葛藤し周囲と距離を置くも、最後は受け入れてもらえるようになるまで、1体1体の表情がサムの成長を物語っています。そして最後のハートは、どのサムも心は同じだということを表しているのだそう。子どもたちに性の問題や思いやりと優しさの重要性を学んでもらうために作られたようです。

Licensed material used with permission by Gender Creative Kids
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、インドのウェブメディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
授業の終了を告げるチャイムがなり、子どもたちが嬉しそうにランチボックスを取り出します。だけど教室の真ん中に、ただひとり浮かない顔をしている男の子が。容器を...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
人生には、良いときもあれば悪いときもあります。そんなことはわかっていても、悩んでいるのは、悪い状況から抜け出す方法がわからないから。そんなときに大切なのは...
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
些細なミスやトラブルに、「そんなのつきもの」と納得して前に進める人と、いつまでも引きずってしまうタイプの人がいます。両者の違いは、自分に納得できるかどうか...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
分かってはいるけれど、どうにもできない自分の感情。理性を優先すべきか、感情を優先すべきか、答えが見当たらないあなた。いまの状況を乗り越えるための方法を6つ...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...