風景にとけ込むカップルの趣味が、いつしか企業広告に。

背景の建物と、衣装や小道具とのマッチングは、見ているだけでわくわくさせる絶妙な没入感があります。ここまで建物と人物をシンクロさせたポートレイトは、そう多くはないはず。

「外の世界」は
アイデアがいっぱい

あふれる想像力でこれら個性的な写真は撮るのは、バレンシアを拠点とするフォトグラファーDaniel Ruedaさん。

「遊び心をもって、もっとワクワクすることをしたい」と、恋人のAnnaさんとともに、ユニークな建物や場所とのコラボレーションを始めたそうです。すると「広告として起用したい」と大手飲料メーカーや自動車メーカーなどからオファーが。

彼らのアイデアは、いったいどこから湧いてくる?Danielさんにインタビューしてみました。

3e109f74f6e7a36e9ea60195453a8c6cfbd437bf11367a53b07758f72bb96a363b9a45983251b036

ーー独創的な写真が多いけれど、どのようにアイデアを得ていますか?

Daniel:雑誌や映画からインスパイアされることもあるし、頭に浮かんだイメージを生かすこともあります。例えば、窓がたくさんある場所や黄色にペイントされた場所で撮りたいというイメージが浮かんでそれに合う建物を探したり、その逆もある。常に創作意欲が湧くようなクリエイティブな場所を探しています。

2b695f147923fba7c9a85343eededfa4758dd86a99e61888c34a466d6536df41d265b22ff5d623c9

ーー頭の中にイメージが浮かぶとは?具体的な状況を教えてください。

Daniel:日常にもアイデアは転がっているんですよね。例えば、彼女が新しく赤い傘を買った時がそうでした。手にする様子を目にして「あ、なんかイイ」と思った後に、その姿とマッチする建物を探し始めたんです。これはアイデアが先にきたパターンかな。

561fc980a4947f45eed31e98f5a894c842ed4acd2accc0057aeee98c9061d78fea7cdf390c1416a2

インプットはGoogle Earth
アウトプットは無限大

ーーユニークな建物の前で撮影されていますが、どうやってロケーションを探し当てるのですか?

Daniel:今住んでいるバレンシア市内だとしたら、自転車で街中をまわりって面白い場所を徹底的に探します。

ーーだけど、それではネタが尽きてしまいませんか?

Daniel:そんなことはありません。バレンシアはモダンな建物もあれば、バルセロナのように古い建築物もある。バルセロナと比べてもごちゃごちゃしていないところが好きです。古さと新しさがいい具合に入り混じっているから、飽きることがないんです。海岸まで見渡せる見晴らしのいい場所もあって本当最高。

ーー市外のロケハンは?

Daniel:国外も含め、バレンシア市外になるとGoogleマップを使います。アイデアが先行していればリサーチは数時間で終わる。ゼロから探す場合だと、数日かかることもありますよ。

ーー国外というとどの国ですか?

Daniel:デンマークやドイツ…他にもたくさん。ほとんどがヨーロッパですけどね。

529f297d331ff1714873aa6e747ec93c6a1ac864128e8f7e8bfd1d022e105de4b26dec590d3bb9acCe8a18d029244e6cf511e4a3e2025689cf46bf34

ーー服装が建物やスポットと一致しているのが面白いですね。

Daniel:服を合わせる場合は、アイデアが必ず先にあって、どれを着たらマッチするか、プラン立ててから撮影場所へと赴きます。自分たちが目立つのではなく、建物のデザインが映えるようにと心がけています。

ーーそもそもなぜこれほど建築に興味があるのですか?

Daniel:小さいころ僕の家族は引っ越しが多くて。たくさんの場所へ行って、いろんな街並みを見てきたからかもしれません。ちなみに写真を始めたのは父親がカメラマンだったことが影響しています。いつから始めたかは覚えてなくて、物心ついた時からカメラを握っていたそうだから。

0e258caf6c67a8286f80186c06cbc591bae89b737e81fe20c7fe3cb3c809c53a6f11eb331e58faa6

ーーあえて聞きますが、作品を通して伝えたいことはありますか?

Daniel:特には…やっぱないかな(笑)。僕たちとしては趣味と考えていて。他にメインで生活のためにやっている仕事もあるので。でも2年ほど前から企業と組んで収入も得ているから、数年後にはこっちをメインにしていきたいと思っています。映画もやりたいし、これまではマイナーなブランドばかりだったけれど、ファッション業界とももっと組んでいきたい。でも完全にこれだけということにはしたくないんです。インプットも必要だし、常に他のことも平行してやっていけたら最高ですね。

A9e32c94e9152d0d9a5a550c87b52eed64611678
Licensed material used with permission by Daniel and, Anna
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
ここはベトナムの首都ハノイ。自転車の前後に色とりどりの花やフルーツを乗せた商人たちは、この街ならではの風景のひとつでしょう。以下の写真は、そんな“カラフル...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベント...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
ニューヨーク・マンハッタンのすぐ側に位置しているエリス島には、20世紀半ばまで「移民局」がありました。より良い暮らしを求めヨーロッパから多くの人がやってき...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...