セックスの満足度を下げる「悪しき習慣」にドキッ。

相性がどうのこうのという前に、まず自身の生活を改めよ。「Elite Daily」のAnjali Sareen Nowakowskiさんのアドバイスを一言にまとめると、そういうこと。もちろん、ベッド上での“創意工夫”も大歓迎ですが、じつは意外と身近なところにも改善点が潜んでいるかもしれません。

01.
そもそも
運動をする習慣がない

45712ee9164de5f43a2b12556c2b26f3f3b2b718

セックスライフに満足がいかないのなら、まずは、日常に運動を取り入れてみましょう。

The Professional Wingmanの創業者であり恋愛アドバイザーであるThomas Edwards氏によると、良いセックスライフに最も効果的なのは体を鍛えることなのだとか。運動量が不足していると、性欲やエネルギー、スタミナまでもが低下するといいます。そんな彼から一言。

「セックスに大事なのは、やっぱり体。だからちゃんと運動をして、引き締まった体型を保つことが大切です」

日々の生活に運動を取り入れると、心臓や肺も強化される上、色っぽさにも自信がつくはず。さらに健康に気を配ると精神的にも安定するので、パートナーと上手く関係を育めるでしょう。

基本的に人は、運動をするとハッピーになるもの。そうして幸福度が上昇すると、性欲アップにも繋がります。

02.
食生活が乱れ気味

健康的な体を手に入れるためには運動に加え、健康的な食生活が肝となります。中でも性欲を低下させてしまうのは、砂糖やアルコール、そしてカフェインの摂取、とEdwards氏。これらを毎日取り入れていると体がダルくなり、疲労を感じやすくなるのだとか。

とにかく自然食品、それから新鮮な果物や野菜を十分に摂取しましょう。加えて、体に悪影響を及ぼす危険フードを知っておくこと。たとえば乳製品の過剰摂取は、性欲の低下やホルモンバランスの乱れにつながるそうなので、控えておきたいところ。

03.
睡眠時間が短く
いつも眠たい

332c357fdbdebd25a578179f62f121315a668232

睡眠なしでは、運動やヘルシーな食生活から手に入れたせっかくの健康も水の泡。これらが一つでも欠けてしまうと体はベストな状態を発揮できなくなってしまうので、セックスも行き詰まりになってしまいます。

現実問題として、多くの人が理想とされる「7〜9時間の睡眠」をとれていません。でも、睡眠時間を少し増やすだけでもセックスは気持ちよくなるもの。睡眠が足りないと、体は100%の力を発揮できないまま物事をこなそうとするので、脳の回転も遅く、疲れやすく、「早く眠りにつきたい」という願望だけが頭をぐるぐる回ることに。

十分な睡眠をとることは仕事にも素晴らしい効果をもたらしてくれる上、パートナーとのセックスライフにも磨きをかけてくれますよ。

04.
寝室が散らかりすぎ

こんなことは思いもしないかもしれませんが、セックスをする環境を清潔にするだけでも意外と盛り上がりやすくなるもの。

あまり深くこだわる必要はありませんが、二人がその気になるムード作りは大事。「洗いたてのシーツを使ったり、とにかくセックスをするのに心地良い環境を作っておくことです。良い香りのするキャンドルを灯したり、お気に入りのプレイリストを流したり…二人がリラックスできる空間作りを心掛けましょう」とEdwards氏。

この空間作りこそが、セックスを促す潤滑油になります。

05.
パートナーとの距離が
近すぎる

Bb7b6f0c71a64ff03e5cd67dfdb27523590565a2

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、実は二人の距離が近すぎると、セックスライフは渇き気味になってしまうそう。

セラピストであり恋愛アドバイザーのKate Moyleさんによると、あまりにも関係が安定していると性的緊張が薄れてしまうのだとか。

同棲していると余計に距離が保ちにくくなるものですが、そんなときこそ「二人の間のセクシュアリティとロマンスは未だ健全」と自分に言い聞かせることが大事、とMoyle氏。

「家庭を築く中でも、二人の男女関係を大事にすることです。相手をその気にさせるメッセージを送ってみたり、性欲をそそるマッサージをしてみたり。新しいことをするのも◎。とにかくお互いが恋愛対象であると言い聞かせることが大切です」

そこまで複雑に考えず、少し努力すれば改善できるもの。彼女の言葉には、気づかされるものがあるでしょう。

「長く付き合うほど、努力することを忘れてしまうものなのです」

06.
普段からの
コミュニケーションが不十分

寝室の外で関係がうまくいっていないと、やっぱりセックスライフも空回りしてしまうもの。

話し合いを避けてしまうのは、素直な気持ちを伝えることに臆病になっている証拠。でも最高のセックスを手に入れるためには、自分が何をしてもらいたいかを相手に伝えることが必要不可欠です。

セックスのニーズが満たされていないと思うのなら、まずは二人の関係改善に取り組むといいかもしれません。普段から良好な関係を築いておくと、セックスライフにもきっと良い影響があるはず。

07.
自分の体を知らなすぎる

Edwardsさん曰く、セックスライフに欠かせないことの一つは、自分の体を知ること。

そんなシンプルなことが…と疑心暗鬼になってしまうかもしれませんが、自分の体に合うこと、合わないことを知るだけでもセックスの質はアップするもの。

自慰行為は、自分にとって『気持ちいいこと』を知る近道なんです。何をどれくらいすることで気持ちよくなるのかを知りましょう。自分を知ることでパートナーにも伝えることができます。それに自慰行為は心臓、免疫、そして心にもいい効果をもたらす健康的な行為なんです」

Licensed material used with permission by Elite Daily
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
彼女が何を考えているのかわからない……という男性に、ぜひとも読んでほしい「Elite Daily」の記事を紹介。たしかに、女性から見ても納得できる意見が並...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...
「今のセックスで満足している人も、上には上があることを忘れないで」経験を重ねていくうちにそう学んだという「Elite Daily」毒舌ライター、Zara ...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
米メディア「Mic」のライターJulianne Ross氏が、世の中にはびこるセックスの嘘を暴こうとまとめました。経験を重ねてきた人からすれば、“いまさら...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...