フランス在住マルチクリエイターが語る「後悔しない」海外移住

「海外に住んでみたい」「日本を出て自分を試したい」。

みなさんの中にも、世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにくいのも事実です。

森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略歴からライフスタイルまで、インタビューを敢行。

今回は、ヘアメイク、雑貨店オーナー、フォトエッセイストなどマルチクリエイターとしてフランスで活躍する「とのまりこ」さんを紹介したいと思います。

きっかけは13年前に始めた
「ブログ」

2a2bdb8f47f438e7794ccdeb4fc5d37587296fab

「一体、どの仕事が本職なの? とよく聞かれるのですが、自分でも答えに困ってしまいます(笑)」

そう話すのはパリ在住15年目となる、とのまりこさん。パリ仕込みの洗練された佇まい、しかし気取った様子もなく、柔らかい空気感を身にまとう彼女。とのさんは、結婚式を挙げる人へのヘアメイクや撮影のプロデュース、パリのガイドブック制作、WEBマガジンの連載、さらに東京の西荻窪で「ぼわっと」というフランス雑貨のお店を日本人の夫と一緒に運営していて、バイイングやオリジナルプロダクトのディレクションまで手がけています

「いろいろなことをしているのですが、私の中では何となくすべてが繋がっているんです。たとえばヘアメイクをしたら、その方の美しい姿を写真に収めたいと思いますし、ガイドブックで取材をしたら、そこの雑貨を日本のお店に置きたいなとか…」

とのさんがマルチに才能を発揮できるのは、自身を状況に適応させていく彼女自身の柔軟性も大きいのですが、インターネットがなければ不可能なライフスタイルでもありました。

「仕事のほとんどがブログ経由なんです。ブログはフランスに渡って約2年経った2004年末から、ずっと書いているんですよ。最初は母に元気であることを伝えるために始めました」

きっかけは母親に安心してもらいたい、という純粋な動機でしたが、そんな気負わない姿に読者が共感し、少しずつ影響力を増していったのだそうです。

「ずっとパリの日常生活を綴っていただけなのですが、徐々に読者が増えていって…。さらにそれを見た方が、ヘアメイクや撮影の仕事を依頼してくださったり、編集者の方が見ていて、ガイドブックやコラムのお声がけをいただいたり。すべてブログから派生したんです」

海外に住む夢を捨てるほうが
「後悔するかも」と思った

De2a67caa3da1c20dd4d72470df91197780ba4ce

とのさんは慶応義塾大学商学部を卒業して、新卒で出版社に入社。

「仕事はすごく楽しかったんです。ただ学生の頃から、1度でいいから海外留学をしてみたいという憧れがあり、諦めきれませんでした。

ただ、社会人になってしまったあとは、辞めて留学するか、このまま会社で働くかを選ぶしかないじゃないですか? 自分の人生についてじっくり考えてみたとき、海外で暮らしてみたいという夢を捨てるほうが後悔すると思い、会社を辞めて外国へ行くことを決心しました」

ただの語学留学ではなく、手に職をつけられる勉強をせねばとヘアメイクの学校へ行くことを決意。学生時代にミュージカルをやっていたこともあり、舞台メイクには興味があったそうです。

「調べてみると、行きたいと思う学校がイギリスとフランスにありました。比べてみたら、単純にポンドよりユーロのほうが(金銭的に)1日でも長く現地に居られることが分かって…特に縁があったわけでもなく、フランス語もまったく理解していませんでしたが、まぁ英語で何とかなるだろう、とフランスを選びました」

学生時代から貯めていた200万円で1日でも長くいられる場所。そんなゆるい判断基準でフランス行きは決まったのです。

現時点での問題なんて
たいしたことない

462b34284930fb23472b020aa4ef2c766d16511c

「フランスに渡る前の私のように、海外に住んでみたいとか、何かやりたいことはあるけど会社を辞めるのは怖い…という人はたくさんいると思います。私もそうでした。だけど、そこを思い切って飛び越えてみると、たいしたことではないと気づきます。

なぜなら、思い切ってチャレンジすると、もっと大きな壁にぶち当たるから。それに比べれば、その前の問題なんて案外たいしたことないなと思えるんです。だったら、さっさと乗り越えてしまわないと損じゃないですか? 日本では当たり前だったことも、他の国じゃ全然当たり前じゃないことだらけですし」

とのさんは「まずは旅行からでもいい」と語ります。さまざまな国の文化に少しでも触れると、日本で悩んでいたことが大した問題ではないと思えるようになる、と語ります。

西荻窪のお店「ぼわっと」には、取材中もお客さんが入ってきます。壁一面、棚いっぱいに詰まった可愛らしくおしゃれな雑貨に、訪れた人は驚きの声をあげながら、すっかり時間を忘れて堪能していました。そんな本場の空気感は、パリの街が身体に染み渡っている彼女だからこそ表現できるのかもしれません。

Licensed material used with permission by とのまりこ, (facebook), (instagram)
「海外に住んでみたい」「日本を出て自分を試したい」。みなさんの中にも、世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
関根光才/Kosai Sekine映像作家。CM、ミュージックビデオ、映画などをベースとした映像の演出を手がけ、日本人監督らしからぬインターナショナルなレ...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
かつてイエスは、4人の漁師を弟子にする時に言いました。「今から後、あなたは人間を獲る漁師になる」と。そのうちのひとりは、のちの初代ローマ教皇。イエスの死後...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
一生の記念になりそうなこの企画は、バケーションレンタル業界最大手の「HomeAway」によるもの。フランス政府公認の、UEFA EURO 2016公式ファ...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...