既存のことばかりではダメ。アメリカ在住のギタービルダーが語る「仕事術」

「海外に住んでみたい」「日本を出て自分を試したい」。

みなさんの中にも、世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにくいのも事実です。

森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略歴からライフスタイルまで、インタビューを敢行。

今回紹介するのは、アメリカでルシアー(弦楽器製作者)、ギタービルダーとして活躍するMAS日野さん。

日野さんは「日本人の勤勉さ」と「個性を大切にするアメリカ人」といった両面を持ち合わせた人物です。

クランプトンのギターを
手がけたこともあるよ

840a9222d61a720c6ff6fe4abea50d6d2cf80121

ニューヨークのブルックリンの住宅地のなかに、1軒のギターショップがあります。そこで、オリジナルギター&ベースブランドを展開するのが、MAS日野さん。

彼は、パット・メセニー、エリック・クラプトン、ショーン・レノンをはじめ、数々の著名ミュージシャンのギターとベースを手がけている有名な職人です。音楽界で「日野」といえば、勘の鋭い人ならピンとくるかもしれません。彼は世界的ジャズ・トランペット奏者、日野皓正氏の長男で、ジャズドラマー日野元彦の甥にあたる人物。日本の名門ジャズ一家の血筋なのです。

「今はニューヨークで自分のギターとベースのブランドを展開しつつ、弦メーカーとのコラボレーションでベースを作っているんだ。あとは、リペア(修理や修繕)だね。エレキだけでなく、アコースティックギターやウッドベース、ウクレレまで…いろんな絃楽器を扱っているよ。中には、夫婦喧嘩で2階から放り投げられて、バラバラになったギターもあったりするけどね(笑)」

「好き」が「職」になるまで

F1845359e863f8286c58dc3fc7a701a8f55af030

日野さんが本格的に楽器に興味を持ち始めたのは、16歳の頃。ロックバンドのギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレンに憧れてのことでした。

「最初は演奏のほうに興味があったんだ。でも、その内ギターやベースなどの楽器をいじるほうに夢中になってね。しょっちゅう楽器屋に通うようになったんだよ」

当時のニューヨーク・マンハッタン48丁目には、多くの楽器屋が立ち並び、そこに入りびたるように。そして日野さんが19歳のとき、転機が訪れます。

「ある楽器屋のオーナーに、ギタービルダーのジョン・サーの弟子にならないか? ってスカウトされたんだ。ちょうどそれまでいた日本人が辞めてしまったようで、これはチャンスだと、すぐに弟子入りしたよ」

手先が器用で真面目な日本人をジョン・サーは好んだそう。そういった意味で、日本人でギター好きの日野は、育てがいのある若者だったのでしょう。

「弟子入りしてから2年間は、1本もギターを作らせてもらえなかった。でも自分で作る前に、ギターの周りにあるすべてのことを知りたいと思っていたから、ちょうど良かったよ。2年かけて知識を蓄えたときにやっと1本作らせてもらえたんだけど…嬉しいことに、とても良い評価をもらったんだ」

別に失敗しても
命をとられるわけじゃない

157987fbea5be55db336190aefe976230d30fdbf

1993年、師匠のジョンが楽器屋を辞めたあと、日野さんはヘッドビルダーを任されることに。その後、数々のミュージシャンのギターやベースの製作、リペアを手がけ、世界的な評価を得るようになったそうです。そして、再び転機が訪れたのは2000年。日野さんが34歳のときでした。

「1998年に結婚したんだけど、日本人の妻がグリーンカードを申請する間、アメリカで一緒に暮らせない状況になっちゃってね。取得まで5年はかかるらしくて…。僕は小さい頃日本に住んでいただけだったから、一度は住んでみてもいいかなって思って帰国を決意したんだ」

日本では国内ブランドでマスタービルダーとして働き始めました。しかし、日本人の仕事のやり方に対して、徐々に疑問を持ち始めるようになります。

「自分でやろうという気持ちがないんだよね。誰かがこれをやっているから、自分もこうしようって感覚が強くて…。既存のことじゃないことをやってもいいのに、外れたことを一切やらない。別に失敗しても命をとられるわけでもないのにさ(笑)」

自分のクリエイティビティを主張すると「何でそんなことをやる必要があるの?」と却下されたことも。

日に日に「絶対にアメリカに帰ろう」という思いが強くなっていったそうです。妻のグリーンカードが取れたことを機に、ニューヨークに戻りました。

「俺がベストだ」なんて
思わないほうがいい

Eb13ee6f2b964cf1f40fa7b93297b79b4da866fc

「自分にだけしか作れない名器を生み出して、それを後世へ残したいね。(17世紀頃に活躍した)有名なバイオリン製作者の本なんて、何度も読んでいるよ。その都度、インスピレーションが湧いたり、自分はまだまだだって思ったり、いろいろな影響を受けているんだ。200年後、自分が作った楽器に触れて、その思いや歴史的背景が記された書物を読んだ人に、何かを感じてもらえるようなものを作りたいね」

このように日野さんは夢を語ります。日野さんが作ったギターの音を聴いていると、彼にしか出せない「音」だと感じることができ、今でも十分ベストだと思うのですが…。

「僕にも修行期間があったわけだけど、修行時代には学ぶことがたくさんあると思っているんだ。今やっていることはすぐに答えが出なくても、何度も思考している内に、やっとぼんやりと見えてくる…。それは修行時代の試行錯誤があったからこそ。20~30代のときは俺がベストだと考えていたけど、そういうことは思わないほうがいいって思うようになったんだ」

自分の限界を決めると成長はストップしてしまう。日野さんはどんなに有名になっても進化したい、と思い続けているのです。

世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
人口850万人以上もいる大都市ニューヨークで、今年度から公立学校の子どもたちを対象に、無償でランチが提供される。これまでも対策は講じられてきたが、家庭の経...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
果敢に目標にチャレンジしている友人を見て、「やりたいコトがあっていいなあ」と羨ましがっているそこのあなた。それって、もしかしたらあなたの「思考」に問題があ...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...