今、わたしが仕事中に聴いているのは「Tadanobu Asano」。

俳優やロックバンドのヴォーカルとして精力的に活動する浅野忠信が、Tadanobu Asano名義で自身制作によるカセットテープ『額の中で』をリリース。

今作は、浅野が22歳のときに入手して以来、愛用してきたシーケンサー「YAMAHA QY100」をつかい録り溜めてきた多数の曲から、8トラックを厳選し収録されたもの。販売は、限定250本のみ。

追求したのは
徹底したミニマルさ

上にある、カセットジャケットのデザインを手がけたのも浅野自身。「ミニマルさを出す」をテーマにしているのだとか。無機質な部屋のイラストもかなり気になりますが、アートワーク、スリーブデザイン、リリース日などのクレジットが配置されているジャケットって珍しい。テキスト以外のスペースにデザインされたベタ塗りの黒も、中の音を全然想像させてくれない(!)感じがグッドですよね。

自身がもともと持っている機材と、アプリ「ガレージバンド(iPhone版)」のみをつかって作られた音源、自身が描いたイラストレーションで作られたジャケット。完全インディペンデントなこの作品は、本人の創造性が細部までいきとどいている半径の狭さが大きな魅力だろう。

C9a62be1052f34c98e0b5340d27bf18f526883fc

カテゴライズ不能
とにかく1回聴いてみて!

気になる音源はというと、テクノとも実験音楽ともカテゴライズできない、まさにフリーフォームな世界観....。たとえば A面の「HENMAL」。聴きすすめるほどに規則性をはなれ、どこか森の中にいるようなネイチャーな香りもすれば、中盤ではクラシック音楽がはじまる瞬間に似た厳かな空気も漂う。で、一体それってどんな音なの?というと....

(言語化を放棄するわけじゃないですが)そもそもこの音源を言葉にして伝えようとするのがナンセンス。なにも考えず、とにかく一度聴いてみてください。現時点でひとつ言えるのは、ここまで規則性もなく先の展開の予測をつけづらい音であるにもかかわらず、耳あたりがよく、空間にも馴染む音であるということ。部屋で流すと、作業も結構はかどります。

たくさんの人に聴いてほしいので、限定生産っていうのがもどかしいところではありますが、それもこだわり。気になった人は急いで!

8月2日、duenn label より発売。

Licensed material used with permission by duenn label
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
水曜日のカンパネラ、銀杏BOYZ、フィッシュマンズ、浅野忠信など、様々なアーティストが新しい音源の発表媒体としてチョイスするなど、一過性のブームを超えて、...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
「Warka Water(ワルカウォーター)」は、電気を使わずに大気中の霧や雨露を集めて飲み水を確保できる竹製の装置だ。設置や移動が簡単で、低コスト。しか...
映画やアニメの中のキャラクターたちが、現実世界に登場。しかも、レゴで。ここに紹介する写真は、フランス人写真家…ではなくプロダクトデザイナーによる作品。どれ...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
三人寄れば文殊の知恵。そんな言葉を体現した映像を見つけた。まあ、数は100人で、出し合うのは、知恵じゃなく声だけどね。これは、動画メディア「Cut」の企画...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
大好きな人とするキス。でもその顔って、じっくり見たことないですよね。自分のキス顔なんてもちろん見たことがないし、相手のキス顔だって、はっきり見えるものでは...
〈Marvis(マービス)〉のマウスウォッシュはボトルデザインに注目。オフィスのデスクの上に常備しても様になります。口に含んだ際も優しいアルコールフリー。
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...