この映画を観たら、気が置けない仲間と旅へ出たくなった

「人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためである」

これは、ドイツの詩人・ゲーテによるものだが、本作『50年後のボクたちは』は、まさにこの言葉を体現したような映画だ。

物語の主人公は、14歳の少年ふたり。変人扱いされてる冴えないマイクとヤバい匂いのする転校生チックだ。クラスのはみ出し者同士は、いつの間にか意気投合。夏休みには、無断で借用したオンボロ車に乗って旅へと出発する。

目指すのは、ドイツ語で“地図にのっていない未開の地”を意味するワラキア。つまり、目的地なんかテキトーであり、ふたりにとっては旅そのものが目的なのだ。一生忘れることができない14歳の旅。スクリーンの中でハチャメチャなことをしでかす少年たちに触発され、あなたもかつて抱いていた冒険心が蘇り、彼らと一緒に旅をしているような気持ちになれることだろう。

原作は
ドイツの大ベストセラー小説

2015d8b7acde4ed54c395bb649a978348b348936

この映画の原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映作品になるなど驚異的なヒットを飛ばした文学作品だ。ドイツだけではなく26ヶ国で翻訳されていることからも、世界中で共感を呼んでいるといえるかもしれない。

14歳という年齢はどこか不安定だ。それは、映画の主人公だけではなく僕ら自身も味わったはず。子どもから大人への階段をのぼる過程では、誰もが内なるエネルギーを持て余したり、好きな異性の前でもどかしい想いをしたり、思い通りにいかない経験を味わったに違いない。だからこそ、この等身大の物語は多くの支持を得ているのだという気がする。

旅は人を成長させる

88ee7712a6d8625ca74b6bcc70f02000f595c6b6

旅は、いろいろな意味で人を成長させてくれるものだ。それは、単純に視点が拡がるからであり、多くの見知らぬ人たちとの出会いを通じて、これまでの自分の人生には存在しなかった様々なものがインプットされるからだと思う。

5ca0a6038c0c7891b99ee774a049aa92d92ac114Bba774c0915b26efb9eefc4c6f5f98ecec416c2e

ティーンエージャーのマイクとチックもしかり。ふたりは、追いかけてくる警察を振りきったり、ガス欠になったり、野宿をしたり…日常では想像もつかないような出来事に遭遇する。それでも、ピンチを切り抜けて旅を続けることで、たくましく成長していく。

痛快だと思えたのは、自分には興味を示さないクラスメイトの女の子と彼女に恋したマイクの関係が逆転するところ。旅から帰ってきたマイク自身が、もう彼女のことなんてどうでもよくなっているシーンだ。心なしか、マイクの表情が男っぽくなり、身体全体からも自信がみなぎっているようにも見受けられる。旅は様々なことを僕たちに教えてくれるのだ。

作者のアナザーストーリー

A14efeb79de8a280dd86070527efd1d495361713

これ以上、書くとネタバレになってしまうのでストーリーについてはこのへんで止めておく。最後に、この小説を書いた作家ヴォルフガング・ヘルンドルフについて。

じつは彼、2013年に48歳という若さで他界している。異変に気づいたのは2010年のこと。脳腫瘍と診断され、もともと書きあげていたこの青春小説に加筆する決断をしたようだ。

死を強く意識しながらも、自分自身を疾走するマイクとチックに重ねて、全身のエネルギーを注いで物語を編み出したとのこと。個人的な想像ではあるが、人生の終焉を見据えながらヘルンドルフは、14歳の頃に戻りたかかったのではないだろうか。彼自身が、オンボロ車に乗って、不器用に、まっすぐに、どこまでも走り続けたかったのではないだろうか。

そんな背景をインプットしながらスクリーンに向かえば、よりエモーショナルに物語を堪能できるだろう。

『50年後のボクたちは』
2017年9月16日(土)よりヒューマントランスシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by 50年後のボクたちは
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
せまい考え方に捉われず、柔軟な発想でものごとを見極める。どんな問題が起きても動じることなく、それを受け入れる心のゆとりがある。人生の4回の表のはじまりを孔...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...