男性の精子数、過去40年で半分以下に。

核戦争でも、気候変動でも、ましてや宇宙人襲来でもないところから、「人類滅亡の危機」がもたらされるかもしれない。

世界中から子どもが消える……そんなSFのような未来が、本当にやってくる?

男性の精子数
40年間で約6割減

4bf3db62aa7cd97c3cd506ee3abff3eaf12931a4

先月、「Human Reproduction Update」に発表されたある研究結果に、男である自分も他人事とは思えなかった。科学者たちが突き止めたのは、この40年の間に男性たちの精子の数が激減しているという事実。このままでは人類の存続すら危ないと警鐘を鳴らすものも。

ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなど西洋諸国に暮らす男性たちの精子数の推移を調査したのは、ヘブライ大学の研究者たち。

1973年から2011年まで、40年分のデータから見えてきたのは59.3%の減少、さらには今も年間平均で1.4%ずつ減っているという現実だ。これまでにのべ185回(被験者数約43,000人)におよぶ調査が実施されているらしく、精子の濃度すら薄まっている事実さえも明らかに。

前のめりにがっつくこともなく、どちらかといえば恋愛に奥手、そんな草食化した男性たちのイメージが、ふと頭に浮かんだ。くだんの研究結果にどれだけ起因しているかは定かでないにしても、こう考えれば理屈は通る。

それにしても、だ。この40年、男たちのカラダに何が起きていたのか。 

肉体的にも、精神的にも、
環境が“オトコ”を追い詰める

21386c478909092f2875bdbd9f1e1accca543818

たとえば、アメリカ海洋大気庁(NOAA)が示すデータによると、1970年代後半から2000年にかけて、大規模な温暖化が起こっていることがわかる。もちろん気候変動だけが原因ではないにせよ、「精子は熱に弱い」という性質からも、上昇し続ける気温に少なからず影響を受けていると考えるのが自然じゃないか。

だが、今回の研究チームを率いたHagai Levine教授に言わせると、原因は我々の日常にも潜んでいるようだ。「The guardian」に以下のような見解を述べている。

「明確な原因は特定できていないものの、農薬をはじめとした化学薬品による影響のほか、喫煙、肥満、ストレスといった日常の生活習慣まで、男性の生殖機能を衰退化させるあらゆる可能性を考慮すべき」

ただ、彼らの所見に対しては懐疑的な見方もあるようで、男性の精子減少が必ずしも人類滅亡を助長させるものとは限らない、と反論する専門家も。

ところで、ボクら日本人の実態はどうなのだろう。

前述の通り、これまでの研究はすべて西欧諸国に限ったもので、実のところアジア、アフリカ、南米の男性には、精子の減少は見られなかったそうだが、これ自体そもそもの調査対象に入っていないことが理由だとか。それでもLevine博士は、これらの地域でも同様に減少の可能性があると懸念する。

この調査研究、まだ結論が出たわけじゃないため、今すぐどうこうの話ではないそうだ。が、ことの程度は別としても数字が示すように半減となれば、いくらなんでもライフスタイルの変化で済むハナシではないんじゃ(と緊張感をもって)。

新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...