バルーンを使ったアイディアが秀悦。WWFのプリント広告

パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)。世界最大規模の自然環境保護団体の広告には、古今東西を問わず素晴らしいアイディアをベースにした表現が多く見られる。

クリエイティビティとメッセージ性のマッチした、これらの作品のように。

若手クリエイターの登竜門
学生たちも積極参加

WWFなどのクライアントは、Public Service Announcement(公共広告)と言われる分野に属していて、世界各国のクリエイティブに携わる人々から熱い支持を受けている。それには、2つの理由が。

1つ目は、クライアントの表現に対する自由度が高いこと。うるさいクライアントに悩まされるクリエイターたちにとって、これはご馳走そのもの。2つ目は、公共広告は社会的に注目されやすく広告賞などの受賞に結びつきやすいことが挙げられる。

公共機関は、広告費に出費する予算が多く取れず、クリエイターたちはバーターで協力をするケースが多い。若手のクリエイターにとってみれば、賞レースの一環なので積極的に制作をするという裏話もある。

さて、以下の4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛けたのかと思って調べてみたら、米国にある企業広告の専門学校MIAMI AD SCHOOL / ESPMの学生たちだったから、ちょっと驚き。

C461df3c3ce44c485b68e66bbfd68aed7e65eee40a33592284db09f758887951ae2d620ec1ad7c084f38304eb497d30d52fdf8dbf44f8306ee25f3328ddb6fcd88681aade95b7503766e8cad29492e73

広告のつくりは、ワンビジュアル、ワンラインとシンプル。だが、“TOO FRAGILE FOR HUMAN GREED”(人間の強欲を満たすためには、脆すぎる)というメッセージは、バルーンに迫る釣り針や、ライターの火、有刺鉄線といったビジュアルと絡ませることで、説得力をもたせている。

一連のシリーズでは、上から順に「違法漁業」「森林火災」「地球温暖化」「生息地の消失」を表現しているそうだ。

実際に広告を制作した学生チームに質問をしてみた。

Q:アイディアのきっかけは?

A:授業で、ブランドや商品のプリント広告を制作する機会がありました。自然界における絶滅問題を扱って人々に気づきを与えたかったんです。そこで、人々の関心を引く、強いビジュアルとメッセージを組み合わせようと考えました。

Q:広告が出稿された後の人々の感想は?

A:メッセージはちゃんと理解されて、多くの人々が共感してくれたと思います。でも、中にはフォトショップを使っただけみたいな反応も。それでも、モチーフを動物にこだわったことは一定の評価をもらえたと思っています。

Q:ところで、広告賞への応募はしたの?

A:Wave Fastival(ラテンアメリカの広告祭)には、提出しました。結構、反響はよくて、手応えを感じています。今後、どの広告賞に送るかはリサーチ中です。

言わずもがな、広告業界におけるアメリカのクリエイティビティと、その地位はかなり高い。改めて、クリエイターの層の厚さや底力を感じた。

Licensed material used with permission by Miami Ad School
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
2011年以来、JIHAN ZENCIRLIは屋外をバルーンで埋め尽くす『geronimoballoons』プロジェクトに取り組んでいます。世界を今よりも...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
出会い系アプリや友達作りアプリが溢れる現代。特にロマンティックな一夜のためのインスタントな人間関係みたいなものは、言ってしまえば以前よりもずっと「お手軽」...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ち...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...