まさに天空に架ける橋。スイスの世界最長吊り橋

スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。

全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐怖症の人にとっては、もう冒険である。

実際、地元ツェルマット観光協会も、この橋を“高所恐怖症ではないハイカーに限る”という警告を出しているのだとか。では、さまざまなアングルからチェックしていこう。

どのアングルも迫力満点

Eda9756dfee39779f79362be2d743d0b918b7fbf

ここから見ると空中散歩をしているよう。もっとも、橋を渡っている人にはそんな余裕はないかもしれないが。

8350cc7f171af8bab809a46255ea74fea9426d31

長すぎて橋の向こう側は、ほとんど見えない。

Df2127ab8b51b9493fc239a87db03d5ebe4099b7

この傾斜、ジェットコースター並、もしくは、それ以上。

8eb589a5f297d5550e875ba943b3ac357fb6732f

このアングルからは、かなりの高さがあることが分かる。

45585e93695084f881b05afb2228940df0cf98a8

ピンと一直線に見えるアングル。美しく輝くアルプスの山をバックにした幻想的なショット。

54f65f744e2265f371368155bbf93b04c77f3469

上空からのアングルは、橋の細さが浮き彫りに。手すりがなければ、まさしく綱渡り状態!

9d34237ffa31d1ad85ffb2a239b55dae72132358

こんな風に橋の上から山を狙って撮れたなら…でも、カメラやスマホは要注意。落としたら、まず見つからないだろうから。

ツェルマットと大分県の
意外な関係

Ea3de384ace53ee91d6241558b53e86258cf82f1

最後にひと言。日本人として、ひとつだけ残念なのは、ギネスの記録が塗り変わること。じつは、これまで世界最長の吊り橋と認定されていたのは、九州大分県の九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ”おおつりはし)だったのだ。

ちなみにこちらの長さは390mで、100mほど短い。が、高さは173mもある。ツェルマットに出かける前に、九重“夢”大吊橋で慣れておくなんてのも一案だろう。

Licensed material used with permission by Zermatt Tourism
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォン...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドで...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
南米ぺルーのクスコから約1時間半の場所にあるマラス。ここは「マラスの塩田」で知られる。気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で、1...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
森の中に張り巡らしたワイヤーを、滑車を使ってすべり降りる、人気アクティビティの「ジップライン」。虹長にはない、あのスリルと疾走感は、子どもでなくともハマっ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...