【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごす

田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルにあったカラーを色濃く反映させているようです。

今回はソビエト時代と現代のダーチャを見ていきましょう。(Vol.1はこちら

DIYで自分たち色のダーチャを

A503b43e2b98989f6fb34bcbfcc574b8334ae7a8
Photo by Houzz

ソビエト時代のダーチャは、まさにDIYプロジェクト。

モノもお金も不足していたこの時代、人々は創意工夫に励んだ。金属を鍛えて作ったポーチ飾りや、彫刻を施したコーニスや窓枠飾り、解体される革命前の建物から持ち出した色ガラスの窓枠などが、装飾的要素としてしばしばダーチャ作りに取り入れられている。

手に入るものはなんでもダーチャに使う、という心意気だったようで、古いペットボトル(苗を覆ったり、温室を作るため)や、ヨーグルトの空容器(苗を植えるため)まで活用していたというのだから。古いバスのドアを使って庭にシャワールームを作った例もあるようだ。現代のDIYは趣味の要素が強いが、当時は必要に迫られてのことだったのかもしれない。

Be32affb2a153bc0c6d7332f9f7ec6ff3d16b746
Photo by Houzz

こちらの小さなダーチャでは、古い《ジグリ(ラーダ)》の車体が庭のオーナメントに。

冬場のダーチャは、一時的に使わないものや流行遅れになったものを保管しておく場所となることが多かった。レースの布地や、古いウィーンの椅子(曲木椅子)、装飾が施された給茶器(サモワール)、引き出しやキャビネットなど、「おばあちゃんの時代」を象徴するアイテムがしまい込まれた。

現代になってそれを引き継いだ人たちは、アンティークショップに行かずとも個性のある調度が手に入るということで、捨てられなかったことを感謝している様子。

8abc3eb937b87164bba81d58aa4094e5f842faac
Photo by Houzz

モスクワ近郊の大きなテラス付きのダーチャ。インテリアデザインを手掛けたのはタチアナ・イワノヴァ さん。ダーチャの楽しみといえば、家族や友達と屋外のテーブルでお茶を飲む夕方のひととき。

7ba503a722aedfc8bd5413e797149be2620dbd0f
Photo by Houzz

近年のダーチャは、フレキシブルで個性豊か。

現代では、設計も敷地の使い方もオーナーの自由にできる。チェーホフのような田園生活を再現する人もいれば、科学論文を執筆するための仕事場としてダーチャを建てる人もいる。

また、畑仕事に専念する人も多い。現代ロシアでは家の大きさが制限されることもなくなったが、本物のダーチャはあまり大きく作るべきではない、というのが暗黙の了解だ。そのような建物は、ただ都会のアパートメントを大きくしたようなものと捉えられる。

そんなわけで、今も小さな木造の家屋や村の暮らしが愛され続けている。古いダーチャを改装して再生することも多く、歴史的なダーチャをモデルに新しいダーチャを建てる人もいる。

現代のダーチャ4選

次は、そんな現代のダーチャを4つ見てみよう。

Cd8568aa2cf5c639382cce694283b59854cc6b4e
Photo by Houzz

01.
歴史を受けつぐダーチャ

6a75d5acfa0d867e1acc67a2f2897a6c35c36a0d
Photo by Houzz

オーナー:ヤコヴェンコ家(1954年~)
所在地:サンクトペテルブルク近郊の町、コマロヴォ
規模:161.3平方メートル(ベランダ含む)
注目ポイント:アレクサンドル・ボロディンはここで戯曲『秋のマラソン』(のちに映画化された)を執筆した。

1913年より前は、コマロヴォはケロマーキと呼ばれ、サンクトペテルブルクの住民たちに人気のエリアだった。軍医で教授のウラジミール・ヤコヴェンコ氏は、1954年にこの土地にダーチャを与えられた。写真は1958年の様子。

このダーチャは1950年代末期に建てられました。最近の15年間で電気や水道などのシステムはすべて新しくしましたが、家自体は建て直していません

と、現在のオーナーである ウラジスラフ・ヤコヴェンコさんは言う。

「もとのオーナーがロシア海軍の主席軍医だったので、温かいバスルームが用意されていました」

A637da2f25a36e6af24496ff67e2da209e4a4fed
Photo by Houzz

「ダーチャ建築に見られる独特なところは、基準に従いながらもできるだけ居住空間を広く確保しようとした努力の現れなんです。居住空間は65平方メートル以下に収めなければなりませんでしたが、この家自体はその2倍以上の大きさになっています。だから、玄関ポーチの中央からホールへとつながる廊下もひろびろと明るいんですね」

と説明する。

当時のダーチャを作る大工さんたちは、どうにか広いスペースを確保しようと技を講じていたようだ。国の規則では、廊下やエントランスホールは面積に含まれていなかったため、そういった部分を広く設計することもあった。

02.
生まれ変わった、昔ながらのダーチャ

Ca1da310e3cc3b1a24ac69ecf8c3e808a3c82ebc
Photo by Houzz
所在地:モスクワ地域
規模:180平方メートル

革命以前には、帝国専属の写真家だった人物の一家が所有していた、モスクワ近郊の木造ダーチャ。

春になると、たくさんの知識人たちがここに集まっていた。現在のオーナーは、チェーホフの時代のような古いダーチャを手に入れて、時間を気にせずポーチでお茶を飲んだり、庭を散歩したりする生活をずっと夢見ていたと言う。

メザニン、ポーチ、窓枠飾りの付いたこの家を見て、オーナーは一目惚れしてしまった。改装を担当した建築家のユリア・ネステロヴァさんには、ノスタルジックな雰囲気と外観を残しつつ、インテリアをアップデートしてもらうよう依頼した。

外壁は修繕し、ポーチやバルコニーの古い窓ガラスもそのまま残した。ユリアさんの判断で、内部は仕切りを取り壊して、部屋を広く確保している。

Bf675d48700e6fb58b2a2939572be8065757e5f9
Photo by Houzz

全体のインテリアは現代的だが、ダーチャの長い歴史をヒントにして注意深くデザインされている。控えめなペンキの色づかい、アンティークの家具、刺しゅう入りのカーテン、繊細なテーブルクロスなどのディテールが、20世紀初頭を思わせる雰囲気を作り出している。

03. 
モダンなDIYダーチャ

D32498b9b9f32e4fcbe187c36cff63552779f7af
Photo by Houzz
オーナー:デザイナーのヴィタリー・ジュイコフ
所在地:イジェフスク地域
規模:36平方メートル(テラスは含まない)

ヴィタリー・ジュイコフさんの住まい兼仕事場があるのは、イジェフスクの町からほど近いカマ川沿いの場所。夏のあいだは、モスクワを離れてここに住んでいる。

近くの村には都市への移住者が放置していった家がたくさんあり、ジュイコフさんは空き家を回って古い木材や家具、ドア、窓枠などを集め、それを利用して、自身の家具ビジネス〈メイド・イン・オーガスト〉で扱う家具を製作している。

09abce1b23215a0171fd30b2e99edd474ce7b927
Photo by Houzz

「私のダーチャにあるものは、見た目はちょっと粗野かもしれませんが、すべてシンプルで素朴な素材から作られたものです。テクスチャ―の粗さや、ちょっと不完全なところから、いい味わいが生まれるんです」

とジュイコフさんは言う。

「ここに来て、しょっちゅう何か作ったり改装したりしています。古い板や窓枠などを見つけて家に取り入れるたび、新しいディテールになります。例えばこの写真は、木材を保管している棚なんですが、空き家で見つけた飾り彫りのある窓枠で作りました。

このあたりには、人が住まなくなった集落がたくさんあって、取り壊される寸前の家がたくさんあるんです。おもしろいアイテムを見つけて、重機の下からどうにか救い出すようなこともありますよ」

ジュイコフさんのダーチャは、毎年変化しているという。

04. 
古くからの避暑地にあるダーチャ

Cf9ff43b6da1ace7f4039a13d9537f4cbcf53d25
Photo by Houzz
所在地:モスクワ近郊、クラトヴォ
規模:180.6平方メートル(テラスは含まない)
建築家:アッセ・アーキテクツ〉のエフゲニー・アッセ、グリゴール・アイカジアン、アナスタシア・コネヴァ

美しい松林に囲まれたこちらのダーチャがあるのは、モスクワ近郊の村クラトヴォ。ここは古くから人々が夏を過ごしに来る場所だった。

家の建物は2つの階と屋根裏部屋という構成で、梁や桁には接着集成材を用いている。1階と2階にある屋外テラスは、昔のモスクワやサンクトペテルブルクにあったダーチャのような、白い透かし細工をあしらったテラスを思い起こさせる。

B7b8650e4a9e67c741f6b0628240f66f7d6c2272
Licensed material used with permission by Houzz

現代的なダーチャでも、古くからの伝統に根ざしていることは変わらない。そして、いつの時代もダーチャでいちばん大切なのは何かというと、みんなと一緒に過ごす日々の生活だ。

多くのロシア人にとって、ダーチャで過ごした時間は、子ども時代の大切な思い出のひとつとなっている。トマトやボタンの花を育てたり、テラスで午後のお茶を飲んだり、バーニャ(ロシアのサウナ)に入ったり、8月にリンゴをバケツいっぱいに収穫したり……。

家庭の幸せと、子ども時代の楽しい記憶、自然の中に帰るよろこびを感じさせてくれるのが、ダーチャの暮らしなのだ。

文:Екатерина Кулиничева

翻訳:ハウズ日本版編集部

記事提供:Houzz(ハウズ)

夏になるとロシア人は、田園地帯の小さな別荘「ダーチャ」で家族や友人とともに週末を過ごす。18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
ロシアは国土のスケールも大きいですが、スポーツのスケールも大きかった!? 郊外のスケートリンクで行われたのは「カーリング」のトーナメント戦。ストーンの代わ...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
合理的な根拠がまったくなくたって、生まれた時からずっと言われ続けてきたら、やっぱり習慣に従うものですよね? ロシア人ライターIrina Tee氏が紹介する...
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
キュッとしまった腰に細くスラッと伸びた脚。バレリーナという職業は、体型維持にとっても神経を注ぐそうです。そんな彼女たちでも、甘いものが食べたくなることだっ...
ロシアのウラル山脈に位置する小さな地方都市カチカナル。ここにロシアで唯一の山の上の仏教寺院が存在します。ところが、その寺院がいま存続の危機を迎えています。...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...