性の匂いは、酸素よりも濃厚だった。

ダンサーのSergey Melnitchenkoは、故郷のウクライナから中国を訪れた時、ある名もなきナイトクラブに雇われた。働き始めてすぐに気づいたのは、女性たちがただの踊り子ではないこと。華やかなイメージとは裏腹に、夜の世界は“性の匂い”が充満していたのだ。

写真家でもあるSergeyは、カメラを握り地下に隠された彼女たちの生活を記録することを決意。そして、舞台裏から見る真実を撮影した『Behind the scenes』シリーズをさらけ出す。

鮮烈な姿に目を奪われる

F7f6a80db3b2aa3155904ee380c2db6f1a2faeb52830aa12a61fa5f43191b546b3b9b377e8ae8c1d4d99408c7ea75202f47efcbddbe4409ac11d3b348df225ae3bf56ee9ad2cf024d556de2bace99ae5B405f11f03f2ec0f1f6727afd6bedc6cb5273620Aba6d74054330e386a1a4217d7d09b7c5bf6269602a98de3b57f024a2a4eb238dd6b5ede7f3aab09Df1614e304c272f59fafad163157ef559163f1be2bcdb82e21cd311ffa6c10be138d140f9b3f2f57Dd89ca53c5a976d382cf470ea3c94436b863aa76F7c5b342d768112ae2ea88d7da079c0981bab77862ae6f2fd0985743da63e534646adf952a1e34b622a373829e12ae7727cd552aa8c1751c78795e2481eb46df15dcf8d32a2de4fc2536f861a608270d97d3331e43f0df6f415dcdf2a063b3a8d24f20e73aae363b7c825f0d1e466bca3d8d7452f15aadb2878420131928ccf56c12391d0310384a32dd0811E890ee89bdf434136d0d95be3da36c59131bf2dc

性の匂いは、酸素よりも濃厚だった……。

Leica Oscar Barnack Award 2017』というフォトコンテストのファイナリストとしても注目されているダンサーたちの記録写真。艶やかさの中にある「危うさ」に惹かれてしまう。

一度、その世界に足を踏み入れたら、溺れてしまいそうだ。

Licensed material used with permission by Sergey Melnitchenko, (Instagram)
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
思わず自分の目を疑ってしまった。でも、たしかに「THE FIRST HARD CORE BEE NIGHT CLUB(世界初ミツバチ用ナイトクラブ)」とあ...
図書館や古本屋さんに入ると、独特の匂いが漂っていますよね。新書の状態から、あのノスタルジーをそそる匂いになるまで、一体どのように変化しているのでしょうか。...
あの日、あの時、あの場所で…。そんな記憶を思い返すとき、ふわっと香る「匂い」も蘇ってきませんか?そんな「匂い」を保存する研究をしている人がいるんです。それ...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国な...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
世の人が下ネタを好むのは万国共通です。性の話というのは、噂がもつ覗き見趣味的ないやらしい性格と相性が合うのでしょう。ここで紹介するのは、外国の人々が日本人...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...