ながら運転を減らすための策は「コーヒーの無料配布」

アイルランドの「Road Safety Authority」が、「運転中に通話をしていると約4倍、スマホをいじっていると約23倍も事故率が高まる」というレポートを公開しました。

この現状を受け、強い責任を感じたというアイルランドトヨタ社。あるイノベーティブな方法で、ながら運転を防止する取り組みを始めたのです。

スマホを置いて運転をすれば
無料でコーヒーがもらえる

1e5912992ab03411eb8f229b4292804e61bc99a8

彼らが打ち出した策は「Face It Down」というアプリを使うもの。これを起動させたスマホを下に向けてドライブを始めれば、1kmごとに1ポイントが加算。350ポイント集めると、提携したガソリンスタンドでコーヒーや紅茶と交換ができるというのです。

ただし、注意したいのは、1回でも画面を上に向けてしまうと、そのドライブで貯まるはずだったポイントがすべてなくなってしまうこと。

愛知県の取り組みが
影響していた?

実は、2016年に日本でもトヨタ自動車が同様の取り組みをしていたそう。同社の発表によると、KDDI・コメダ珈琲と手を組み、愛知県の事故件数を減らすべく、秋の交通安全週間に限定的にアプリ「Driving BARISTA」をローンチしていたようです。

本来はコーヒーなんかなくとも、一人ひとりが意識すれば済むこと。ただ、モノがあれば行動しやすいのもまた、残念ながら事実かも。

Licensed material used with permission by Toyota Ireland
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...