陽気なキャラとシュールな世界観に思わず吹き出した

魚肉ソーセージみたいなピンク色したキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なコイツの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。

イラストはイギリス人アーティストHarry Hambleyによるもの。なんと彼、まだ18歳だとか。

妙に納得してしまう人生観
#1

Dfb4d7346700f96ffa355263fbfdfcd896aab059

「ワオ」
「人生って短い」

「そして、痛みを伴うもの」

#2

B7b370b0de0048ff4010e76d2c755518c67e8145

『死へ近づいているあなたへ、おめでとう!』

「ありがと…」

#3

E4d11afd2de476a55e7f995ae75c0d5c46abf27d

「メチャ忙しそうだね?」

「あなたのことを誇りに思うよ」
『働かなくても、ボス受けをよくする方法はコチラへ。boss.com』

#4

B88ff906ecf5999c0deee56dedd299b7c70932ae

「どこへ行くんだい?」

「どこでもない場所さ」

#5

7f9b436a1cf18158802efe140127f3c3133e3f63

『アート』
『アート』
『アート』


『おなら』

#6

226c087c40d79d94f2f4a39bd1f780ae5f5554e9

「僕のヒザは」
「必要なんだ」
「そよ風がね」

#7

C486f89520fb9f6446becdbed25ced1645661566

『マイルド』
『ワイルド』

#8

A743076458e9fb8570bffd5a519ebb1149b6442d

「簡単じゃないんだな」
「チーズでいることは…」

#9

20266450a896ec43c30a216de21621cd432f6552

「本日は…」
「ハナ金!」

#10

3d5c210d6c0364f774049ee3ec43c3ae6d1b6c83

「じゃ、人生から退かせてもらうよ。アリガト」

日々是好日。

独特な世界観は、人生の哀れを感じさせてくれたり、どことなく共感してしまったり。

「絵を描く理由?深刻になることなく感情を表現できるから。どんなに最悪な日であっても、このキャラでみんなを応援したいんです」

若いのに表現者としてしっかりとした考えを持つHarry。もっと、彼を知りたければ、Instagramでチェック。一息つける。

Licensed material used with permission by ketnipz
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
「やあ、見知らぬ君」と話しかけられた。あっ、お前か!キモくてかわいいキャラクターとして話題になっているのは…。このクレイアニメを生み出したのは、LAで活躍...
毎日バタバタと家事に追われる自分って、特徴がなくてつまんない。なんだか無性に寂しい。そんな家庭に尽くす女性たちを、シカゴを中心に活躍する写真家・Patty...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いん...
アーティストvexx_artことVince Okermanは、大学で経済を学ぶごく普通の18歳。高校時代、勉強の合間に描いた何気ない“ラクガキ”が、友人た...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
ローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)という18歳の少女が撮るセルフィーに、今注目が集まっている。彼女は、イギリスを拠点に活躍する若きカメラ...
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
ヘリコプターから眺めた街を、何の迷いもなくサラサラと描いていく。世界中の都市をドローイングするStephen Wiltshireさんは、見たものを細部まで...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...