「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

「夏=海!!」みたいにはしゃいでる人たちを色メガネで見つつも、じつはこっそり自分も海が大好きだったり。

青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。

もちろん、海外旅行で特別な時間を過ごすのもありですが、国内だって驚くような美しいオーシャンビューを満喫できる場所はたくさんあります。Airbnbのオーシャンビュー5選がこちら。

01.【沖縄県 宮古島】
プライベート感たっぷりの
貸切コテージ

B1b7a909359a88af6ef84b5ea67d23b8400cf94f

なだらかな丘の上に佇むコテージ。窓を開ければ広々とした空と海が視界いっぱいに広がります。コテージから歩いて5分ほどのところに「イムギャーマリンガーデン」という海浜公園があり、シュノーケリングざんまい。宮古島南部の内海は、穏やかで透き通っているのが特徴です。色とりどりの魚も涼やかで、夏の暑さも忘れてしまいそう。

公園には展望台もあり、まるで楽園のような絶景を楽しむことも。

コテージにはアメニティも揃っていて、BBQセットの貸し出しもあり。遠くに見える水平線を眺めて、本州よりも遅い夕暮れを迎えながら家族や仲間とBBQを楽しみたいものです。

宿泊は一泊約20,065円から。

C68acd4734b26a2d21dd6318623d4f9b892f9117

02.【福井県 高浜町】
畳でゴロゴロ〜したい
昔ながらの古民家

0b1fc41cdc945e6df69af5d1c406f171abf85ccc

漁業が盛んな港町、福井県高浜町。海を臨む崖の上には50世帯ほどの古民家があり、宿泊宿として利用することができます。

まるで、夏休みにおじいちゃんの家に帰ってきたかのような安心感。昭和のインテリアに囲まれた畳張りの部屋からは、美しい海を眺めることができます。お願いすれば、好きな着物を着せてもらえたり、釣りに連れて行ってもらえたりもするのだとか!

ゆったりとした時間が流れる海辺の町で過ごす時間は、忘れてしまった子供の頃の大切な感情を思い出させてくれるかも。

宿泊は一泊約12,130円から。

C1eba69ff5eba0d27ed1e73e9a5303876aadf0d6

03.【愛媛県 松山市】
キッチンから眺める
夕日が美しい

030f5578fa3112a11432ba4882e2dde5ef62cea8

青い空に映える、3階建ての白い建物。海に面する壁は一面窓になっていて、リビングはもちろん、キッチンや寝室など家のどこからでもオーシャンビュー。晴れている日は瀬戸内の穏やかな海に沈む美しい夕日を眺めることもできます。

チェックイン時にはウェルカムサービスとして、地元で採れた新鮮な野菜や手作りのパンなどがもらえますし、海風に吹かれながら近くのスーパーへふらっと買い出しに行くのもいい。おしゃれなテラスでBBQをしたり、お酒を買ってきて静かな波音だけを聞きながらでも楽しそう。

近くには海の見えるレストランもあり、グルメな人にもオススメ。

宿泊は一泊約17,911円から。

4d7f11c4f87fa17abd13f550f54549ed5ba4927e

04.【広島県 尾道市】
海まで秒!
気持ちよすぎる食事の時間

3b2ea833c66cad2d9ac1782ff0e5c28676656fb2

尾道の離島、百島にある「瀬戸内隠れ家リゾートCiela」。

青い屋根と白い壁の2階建ての小さなおうちが海に面して建てられているという、その景色自体がまるで映画の舞台みたい。

漁が盛んで、島中のどこからでも新鮮な魚が釣れると言われているほど。親子で釣りに挑戦して、自分たちで手に入れた食材を食卓に並べるのもいいし、近所で新鮮な魚を買うこともできます。

プロジェクターを浜辺に設置できるようにもなっているので、夜の海でお気に入りの映画を鑑賞する、なんていう贅沢な時間も楽しめます。朝から夜まで、色彩を変えていく美しい海を堪能できそうです。

宿泊は一泊約32,421円から。

567f5a9c3c5bf2085474cb0ee5e40ce746bd54e5

05.【香川県 女木島】
1日1組だけ
孤島で贅沢ステイを

C2626602db257bd194727e4d870e78d7f5ab8fdc

桃太郎の鬼ヶ島のモデルとも言われる、香川県女木島。2年に一度行われる瀬戸内芸術祭の舞台としても有名です。現実と幻想が交錯する島の海はとても穏やかで、その浜辺に一棟まるまる貸し出しをしている「ビーチアパート」があります。

1日1組限定なので、広い部屋で思い思いの時間を過ごすことができます。海辺で1日のんびりとするのもいいし、島巡りに出かけるのもあり。高松までフェリーで20分と便も良く、海の散歩に出て四国を観光するというスケジュールも組むことができます。

せっかくのアパート貸切なので、大人数でわいわい過ごすのが楽しそう。修学旅行気分を味わってみる?

宿泊は一泊約108,033円から。 

B3dca3e2389b9101515efd199c172ce9222c83ee

見知らぬ土地で数日間家を借りて、その土地の人になったかのように生活できるのがAirbnbの好きなところ。まだ夏休みが取れていない人は、ぜひ。

Licensed material used with permission by Airbnb
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
まだ、アメリカの統治下にあった1970年代初頭の沖縄。その時代に建てられた施設をリノベーションして、新たに「モーテル」として生まれ変わらせたデザインホテル...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
坂のまち、古寺のまち、スロー&ヘルシーグルメのまち。「尾道」に、いま注目している人は多いと思う。そんな、伝統と最新がバランスよくブレンドされている...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに10月17日(火)に就航するそうです。最近、なにか...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
写真家Adrian Murray氏が、今年の夏休みに撮影した息子たちの様子。その驚くべきキュートさに、いま、世界中が魅了されています。切り取られたのは、2...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...