カンタンそうで難しい、他人の「ゆるし方」

自分にされたことがあまりに酷くて、相手の行いを許すのがとても難しいことがあります。でも、いつまでも対立状態にいるのも心が疲れてしまう。

そんなとき、どのようにすれば「相手を許す」心の余裕が生まれるのでしょう。例えば、この動画(「The School of Life」)に登場するアドバイス、なかなかに考えさせられるものでして。

「同情する」ことと
「反省する」こと

82e87a65326776c50541dfa5245e325153ca774e
Image by The School of Life
Ee28e91c59961bb75673541abc8fdf1e2e73f6c6
Image by The School of Life

まず第一に、「相手がどうしてそんな態度を取ってしまったのだろう」と考える必要があります。人が苛立つようなことをする背景には、その人の人生が反映されているからです。

彼らは、自分が選ぶべきだった言葉行動を選べないという欠陥を抱えてここまで生きてきました。そうなってしまった背景には、私たちには見えないトラブルがあったのかもしれません。

8c96fd533a80cd746ef7919c4caf85da159d3fd2
Image by The School of Life

例えば相手の傲慢さが許せないと思うとき、そういうふうに振る舞うしかなくなってしまったのは何故だろうと考えてみてください。穏やかであることが妥当であるとされる環境下で、それができないのは何故だろう、と。

その人は個人の人格を形成するにあたって、穏やかに振る舞うためのヒントを得られずに生きてきました。

自分を大きく見せなければ、周りに認めてもらえなかったから傲慢な主張をしてしまうのかもしれないし、そうしなければ自分に価値はないという不安に苛まれているのかもしれません。だからこそ、刺激が強い攻撃的な態度を取っているという可能性もあります。

D9157305861167fd6f920036a10b8095e2e619f5
Image by The School of Life
30c0dd63398310d617ed5fb7c4b9a522f2f1cd92
Image by The School of Life
Aadb9af1ec91bf4d88561a934d7713a9daf828fd
Image by The School of Life

相手の間違った振る舞いの背景には、その人をそうさせてしまった、本来とるべき言動を誰からも教えてくれなかった、という決定的な傷が。それに怒りを覚えたところで、何が悪いのか彼らにはわからないのです。

つまり、それを許すということは、その人が抱える傷を理解するひとつの方法にもなるのです。

B4ef0db3cce6d099b636b9229ef1fe8725b70739
Image by The School of Life
1ea93fd292208d87f18db6402b04d07a9cbbe91f
Image by The School of Life

第二に、自分自身も誰かにとっては許せない行為をしている可能性があるということを考えなければなりません。もちろんこの場でもなければ、あなたの価値観が通用しないような遠い場所においてでもありません。

ただ場所によっては、あなたは場違いな存在になってしまう可能性があります。あなたが故意に誰かを傷つけようとしなくても、誰かにとっては些細なひと言が刃物になるかもしれないし、あなたが傷つけるのを恐れて沈黙したことで、かえって人の傷に塩を揉み込んでしまうかもしれない。さらに言えば、あなたが優しさゆえに行ったことが、誰かにとっては迷惑になってしまうということもあるかもしれません。

8cb0fdf599f94b54ef0d236972314a9050270bd1
Image by The School of Life
0bded5b1a5567d4c2dc592991e5cc1977733b6d4
Image by The School of Life

しかし、そのことについて思い悩むことはありません。なぜなら、それはあまりにキリのないことだから。でも、だからこそ、人はお互いを許し合う必要があります

かつて、私たちは神様に懺悔して救いを求めました。でも今必要なのは神からの許しではなく、“そばにいる人の許し”です。

「ごめんなさい」と誰かが反省してあなたに告げたとき「許すよ」と答えること。そのことで相手はきっと救われ、あなたの想像力もきっと伸びることでしょう。

Licensed material used with permission by The School of Life
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
キリスト教の「七つの大罪」をご存じでしょうか。傲慢、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰、貪欲。これら七つの欲望や感情を表していて、これを押さえ込むことができない...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
髪の毛がばっちり決まった日はハッピーだけど、寝癖が直らなかった日はなんだか憂うつ。私たちは毎日、ヘアスタイルのことを気にしながら生きています。どうしてこん...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
このアニメの主人公は「死神」でした。その手で触れた動植物は皆死んでしまいますが、ある日どうしても触れられない存在に出会います。一頭のシカでした。触ってしま...
愛のあり方のひとつとして「ポリアモリー」があります。お互い同意の元で複数の人と並行して恋愛関係になる、ということから「それって浮気OKってこと?」「誰とで...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
「あなたの夢は何ですか?」 ライターMark Manson氏によると、このありふれた質問には「ある重要な視点」が欠落しているのだそう。フォーカスすべきは、...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
この世界を生きていくには、他人と付き合っていく道は避けて通れません。でも、人付き合いを難儀に感じている人は、少なくないはず。だって、他人の言動にイライラし...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...